2018年8月新着ワイン・ブルゴーニュ・ボジョレーワイン

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
8月 新着ワイン  (=自然派ワイン)
フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン・ドイツ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ボジョレー
Alex Foillard
アレックス・フォワヤール
  インポーター:ヴァンクール 自然派
★生産者  
マコンからリヨンへ南下する途中、右手に大小起伏のある山々の連なる光景が一面に広がる。  
ボジョレーの街ベルヴィルから真西へ 8kmほど、カーヴのあるヴィリエ・モルゴン村から6kmほど南下したところに、標高484m のブルイィの丘がある。  
その丘の頂から中腹までACコート・ド・ブルイィ、そして丘のすそ野を囲むように ACブルイィのエリアが広がる。  
クリュ・ボジョレーでは最南端にあり、一般的にブルイィは南のワインのように果実味が濃厚で厚みのあるワインが出来るのに対し、コート・ド・ブルイィは香りが華やかで通称「Pierre Bleue(青 い石)」と呼ばれる斑岩質の火山岩がワインの味わいに骨格とフィネスを与えると言われている。
アレックス・フォワヤール氏
 アレックスの畑の総面積は2ha あり、ACブルイィとACコート・ド・ブルイィを1ha ずつ所有している。  
2区画ともブルイィの丘の中腹380m付近に位置し、ブルイィの畑は北向き、主にピンクの花崗岩で土壌が構成され、一方、コート・ド・ブルイィは南側の斜面に位置するが、ちょうど地形が緩やかなV字型に入り組んでいて、実際 の畑の向きは北西向き。  土壌はPierre Bleueが少なく、花崗岩にシストが混じった砂地で構成されている。  気候は コンチネンタルで、夏はとても暑く、冬はとても寒い。  
また、ブルイィの丘によって、冷たい風や多量の雨からブ ドウ畑が守られている。  ★歴史  
現オーナーであるアレックス・フォワヤールは、幼い頃から父親のジャンの仕事やワインに接する機会があり、物心がつく頃には、すでにヴィニョロンなることを決めていた。  
2012 年、高校卒業と同時にボーヌのワイン学校 (BTS)に入学。  
学校で醸造や栽培を学びながら2週間おきにプリューレ・ロックのドメーヌで研修を重ねる。  
2014 年2月、ワイン学校卒業後、英語が全く話せなかったアレックスは語学を学ぶ傍ら、他の国のワインづくりも一度体験してみたいと、オーストラリアに飛び1年間ワイナリーやレストランで働く。  
2015年2月に帰国後、 父のジャンのドメーヌで収穫終わりまで働き、収穫が終わった後、再び他の国のワインづくりを体験してみたいと今度は日本へ旅立つ。  
2016 年、日本帰国後再びジャンのドメーヌ戻り、22際の時に正式に従業員として迎え入れられる。  
その時、すでに自らのドメーヌを持つことを決めていたアレックスは、夏の間ジャンと一緒にボジョレー中の畑を回り、収穫直前の8月にブルイィとコート・ド・ブルイィの畑それぞれ1haずつ計2haを購入。  
そのブドウで仕込んだ2016年ファースト・ヴィンテージを皮切りに、2017年8月正式に自らのドメーヌを立ち上げる。  
★生産者  
現在、アレックス・フォワヤールは2haの畑を1人で管理している。  
また、自らのドメーヌを切り盛りする一方で、現在も父ジャンのドメーヌの従業員として働いている。 彼のワインスタイルは「エレガントな果実味と深みの ある味わい」で、まさに父ジャンがつくり出すワインがベースとなっている。  
そこにさらにブドウの持つフィネスや洗練された旨味を引き出すのが彼の目指すワインの理想型だ。  
母のアニエスから見た彼の性格は、物静かで冷静沈着。負けず嫌いなところもあり、その負けん気の強い性格が良い意味で彼のワインに対する厳しい品質のこだわりや、向上心につながっているとのこと。  
余談だが、彼の趣味 はウォータースポーツと食べ歩きで、特にウェイクボードはセミプロ並みの腕前を持っている。  
食べることに関しては、母親譲りの食いしん坊で、とにかく世界の様々な料理に興味が尽きない。  ちなみに、日本に滞在していた時は、蕎麦としゃぶしゃぶ、すき焼きを知ったことが大きな発見だったとのこと。
ブルイィ 2016アレックス・フォワヤール AC Brouilly 2016
ブルイィ 2016
品種:ガメイ100%(手摘み) 樹齢: 47年平均
収穫日は9月11日。
収量は49 hL/ha。
畑はブルイィの中では標高が 350 mと高く北向きの緩やかな斜面 に位置する!
ノンフィルター!SO2 は瓶詰め前に20 mg/L。

2018/7/25 ヴァンクールさんの試飲会にて

品のよい上質なガメイです。タンニンはとっても細かく、チェリーやいちじくのようなほのかな甘さと優しい酸がとっても心地よいです。息子さんのワインも最高です。
新着マーク
19316
¥3,970(税別)

入荷数が少ないので
お一人様1本でお願いします。

コート・ド・ブルイィ 2016アレックス・フォワヤール AC Cote de Brouilly 2016
コート・ド・ブルイィ 2016
品種:ガメイ100%(手摘み)
樹齢: 31年平均
収穫日は9月10日。
収量は52 hL/ha。
畑はブルイィの丘の標高380 m南面に位置するが、ちょうどV字の 谷を作っていて実際の畑の斜面は北 向きに位置する!
ノンフィルター! SO2は瓶詰前に20 mg/L。

2018/7/25 ヴァンクールさんの試飲会にて

フレッシュでエレガントというのに相応しい。フランボワーズやザクロ、シャクヤクのような華やかな香りも心地よいです。
息子さんのワインも最高です。
新着マーク
19317
¥3,970(税別)

入荷数が少ないので
お一人様1本でお願いします。
Romuald Valot
ロミュアルド・ヴァロ
  インポーター:ディオニー 自然派
 「まだまだすごい造り手がいるんだな。。。この懐かしい味わい。。。」 これが試飲したファーストインプレッションです。
 Sud Westの造り手・ロスタルから、「友人のボジョレーの生産者は一度あった方がいいし、彼のワインは飲んだ方がいいよ。」と連絡を受けたのが2017 年の6月。
 ボジョレーのナチュラルな生産者は出尽くした感があるのでは、、と半信半疑でコンタクトをとりボジョレーヴィラージュ地区・ボージュ村の教会 で待ち合わせ。かなり使い込んだ四駆で笑顔全快で窓から手を振りやってきたのが、約束していたロミュアルド・バロ。
ロミュアルド・ヴァロ氏
まっすぐな瞳と底抜けの笑顔が強烈な印象として記憶に残っています。 両親はオートコートドニュイでブドウ栽培を生業としており、かつては自社ブドウでワインも作っていたそうです。そんな両親のもとで育ち、自然とワイン造りに興味を持った彼は、高校卒業後の2年間、ブドウ栽培の学校で学びます。
卒業後はプロヴァンス地方バンドールのシャトーヴァニエールで働き出します。この蔵で農薬不使用の自然なブドウ栽培、昔ながらの天然酵母での自然な醸造に触れたことがその後の彼の人生に大きく影響しました。

一度、ブルゴーニュの実家へ戻り両親のブドウ栽培を手伝いますが、残念なことに、彼の両親はその後の離婚を機にワイン造りから離れてしまいます。 それを機に彼はシャンボールミュジニ―のドメーヌで長年働くことになり、それはなんと今も続いております。 この蔵元はフェヴレイにもブドウを売っているそうですが、亜硫酸に対してアレルギー体質を持っていた彼は、生物多様性がある農業とピュアなワインを造りたいとの気持ちを年々強くしていきます。
念願かなって2013年に畑と醸造所を取得。真にナチュラルなブドウ栽培を志すなら周りに農薬を使用している畑や環境があってはならないと常々考えており、縁があり選んだ地が自然と緑が溢れるボジョレーでした。
醸造所兼自宅はモルゴン、レニエの西側のボジョレーヴィラージュ地区Beaujeu(ボー ジュ )村から小高い丘の急勾配を東へ200M程登った場所にあります。車一台がやっと通れる道を上ったそこには畑と彼の醸造所兼自宅しかありません。 現在、畑は自宅そばのボジョレーヴィラージュを2区画(3ha)、シェナス(2ha)、コートドブルイィ (1ha)、レニエ(0.5ha)、シャルドネ(0.6ha)、合計約7ha。 生物多様性ある農業を志す彼は畑にブドウだけでなく、アプリコットや桃の樹を混植、基本的に一切耕さず一切ボルドー液も使いません。平均収量 は20hl/haと驚異的な低収量、収穫はこまかく選果しながら行います。彼の畑の葡萄は、実が小さい状態のまま光合成を繰り返し熟していくそうで、 ゆえにブドウ粒の内側の果肉やエキスはしっかりつまっており、良質な酸も残るそうです。
彼のワインはどこまでもピュアで素直、さらに上品さもまとっていますのは、お飲み頂ければご納得頂けるかと思います。「キーは低収量、樽発酵、樽熟成なんだ」だと彼はいいます。亜硫酸添加を嫌う彼は、その上、発酵から瓶詰まで一切添加物なしの醸造です。 そして美味しさの最終仕上げは時間。ゆっくりと1年から2年ほどかけて樽で寝かせます。瓶詰は月の満ち欠けを考慮してその日を選びます。 葡萄栽培から瓶詰まで、じっくりと手をかけ暇をかけ想いをかけ、一本一本のワインを仕上げていきます。彼の姿勢や生き様は、視線やまとう雰囲気に如実に表れており、それは写真を見てもらえば感じ取って頂けるかもしれません。
あまりにまっすぐな生き方を貫いているためか、経営的にはまだまだ 厳しいものがあるようで、前述したシャンボールの蔵元でも今も仕事を続けており、二束のわらじを履いております。 「畑もワインも、きれいなものを、ピュアでナチュラルなものを造りたいんだ。ワインが好きな人にも普段飲まない人にも、様々な人に自分がつくった純粋な美味しさを手頃な価格で届けたい」と夜まで飲み語った際に、静かに暖かいまなざしで語ります。 「俺が生きたいように生きている。それこそが冒険さ。」と笑う彼は今も独身を貫き一人畑に向き合ってます。<ディオニーさんの資料から>
ボージョレ・ヴィラージュ 2016ロミュアルド・ヴァロ Beaujolais Villages 2015
ボージョレ・ヴィラージュ 2015
品種:ガメイ100%(手摘み)
土壌:自生酵母
酵母:100%除梗、5日間の低温浸漬後、
木樽で発酵・熟成 無濾過・無清澄
SO2:無添加
ボージョレに現る天才、ワイン造りに生涯をかけるロミュアルド・ ヴァロはボルドー液すら散布しない自然派志向の造り手です。
低収量のガメイを木樽で発酵熟成しSO2無添加で瓶詰めしました。淡いガーネットの外観からクランベリーやいちごミルク、フローラルな 香りを感じます。軽やかで涼やかなテクスチャーに瑞々しい旨味と甘酸っぱい余韻が美しくボージョレのイメージを覆す逸品です。

2018/5/23 ディオニーさんの試飲会にて

杏のような甘酸っぱさ。フレッシュで瑞々しくチャーミングな味わいです。
新着マーク
19293
¥2,560(税別)
フランス/ブルゴーニュ
Aurelien Verdet
オーレリアン・ヴェルデ
     自然派
ラシーヌ合田さんからのコメントです。

「オーレリアンの父親、アラン・ヴェルデは、1600年代からこの地に続く家系で、 1971年よりビオロジック(1990年よりビオディナミ)を実践しており《ブルゴーニュにおけるビオロジックワインの先駆者》といっても過言ではありません。 息子の『オーレリアン・ヴェルデ』(同)は、2004年より父アランからオート・コート ド ニュイの畑とセラーを継ぐと同時に、コート・ド・ニュイのブドウからワインを造りはじめました。
『オーレリアン・ヴェルデ』の名を教わったのは、ムルソー村のはずれで高貴で深い味わいのブルゴーニュ ルージュを造る、孤高の醸造家『ベルナール・ファン・ベルグ』からです。「正しいワインを探しているなら、オーレリアンを訪ねてごらん」というベルナールの言葉に導かれ、この春オーレリアンを訪ねました。
ブドウの契約料を支払うために、昼間はニュイ・サン・ジョルジュのドメーヌで働いているので、夜8時まで待ってようやく会えました。今年26歳になるオーレリアンは、明るくはにかみ屋で、 スポーツで鍛えたたくましい体つきのさわやかな青年でした。長年モーターバイクのレースに興じその腕前はブルゴーニュの若者の間では知れわたっています。」
オーレリアン・ ヴェルデからの最新情報(2006/8/28)若き『オーレリアン・ヴェルデ』は、父と同じく誇り高くも、自分の姓名をそのままワイナリー名にしています。
が、彼は、父親の名前だけでなく、畑と畑の手入れ、造り方をそのまま受け継ごうとは思いません。
栽培・醸造学校で教わったことをふまえながらもそれにとらわれず、自然派ワインなど現代のすぐれて個性的なワインに学びつつ、ブルゴーニュで自分の可能性を模索している点です。
すなわち、完全に代替わりしたあとオーレリアンは、オート コート ド ニュイにある自社畑は半分ちかくを売り払いニュイにより良い畑ないしブドウを探し求めました。結果的に現在までのところオーレリアンは、ブルゴーニュの中心地域で、 理想的な小作地(フェルマージュ)や折半小作地(メタヤージュ)を入手することはできませんでした。
そのかわり、彼は最良のブドウを確保し、思いのままに手入れし、収穫できるという契約を、畑の所有者と交わすことが出来ました(『フィリップ・パカレ』と同じ方法です)。
父アランは、ブルゴーニュにおける有機栽培の先駆者であり、ワインにオーガニックの認証をとりましたが、オーレリアンは買いブドウから造ったワインに、オーガニック認証をとろうなどとは考えません (買いブドウから造ったワインに「オーガニック」を名乗ることは、ワイン生産者の潔しとするところではありません)。
ただし、受け継いだオート・コート・ド・ニュイの自社畑「ル・プリュール」では、認証を得ていますが。
オーレリアンは、入手した各アペラシオンのブドウに対して、SO2の使用量を可能なかぎり、ぎりぎりまで抑えています。
醸造段階で添加されるSO2は、発酵中に消失してしまいます。現在、その使用量をいっそう減らすよう努めているところです。
それ以外にもオーレリアンは、醸造・熟成過程で人工的な介入をミニマムにするのを原則にしています。
発酵・浸漬期間は時間をかけ、30日までと長期にわたりますが、エキス分の抽出もおっとりしたもので、樽のなかでの攪拌作業(ピジアージュ)も回数はごく僅かにとどめます。新樽比率はヴィンテッジ次第ですが、 ワインの清澄・濾過は皆無です。
<結論>
昨今、ブルゴーニュのピノ・ノワールでは、「色調と味わいが極端に濃い」系統と「色は薄いが、エキスは深い」系統という、相反するスタイルが同時に進行しています。この10年間、ブルゴーニュの若い「考える造り手たち」は、 はざまのなかでピノノワール酒のあるべき姿を捜し求め、大きく揺れ動いています。有機栽培で長期熟成型という、反時代的なワイン造りを貫いてきた父のもとで、オーレリアンは小さい時からヴィニュロンを目指し、すでにして独自の境地にあるコート・ド・ニュイを実現いたしました。
私もまた、コート・ドールで飽き足らない思いをつづけ、ラシーヌ社でのブルゴーニュのあり方を模索してきました。
が、このほどようやく「一つのピノ・ノワールの理想的な味わい」をご案内できることを、心から嬉しく思っています。とりわけ、オーレリアンが造る各種のアペラシオンは きっとブルゴーニュ ファンに喜んでいただけると思います。
ヴォーヌ・ロマネ・レ・ボーモン 2016オーレリアン・ヴェルデ VOSNE-ROMANEE 1er CRU BEAUX MONTS 2016
ヴォーヌ・ロマネ・レ・ボーモン 2016
品種:ピノ・ノワール100%(手摘み)  
樹齢:平均45年  
土壌:粘土石灰  
標高:330m  
面積・収量:0.3ha・42hl/ha  
醗母:自然醗母  
醗酵:低温で4〜5日間醸し、ステンレスタンクで20日間醗酵   228Lの木樽でマロラクティック醗酵  
熟成:木樽で14ヶ月熟成  
SO2:発酵後期と瓶詰時:20mg/L トータル:26mg/L  
アルコール度:13.5%  

2009年からの借地で斜面に位置するレボーモンの畑に植わる平均樹齢45年のピノノワールをステンレスタンクで発酵、木樽に移しマロラクティック発酵後14ヶ月熟成しました。  
濃厚なルージュの色調からフラックヘリーや白樺、白胡椒の香りを感じます。  
強めのファーストアタック、ベリーの熟したニュアンスとタンニンのバランスが好印象でほんのり感じる苦みがアクセントとなります。
新着マーク
16856
¥12,350(税別)

ヴォーヌ・ロマネ2016オーレリアン・ヴェルデ Vosne-Romanee 2016
ヴォーヌ・ロマネ 2016
品種:ピノ・ノワール100%(手摘み)  
樹齢:40〜65年  
土壌:粘土石灰  
標高:330m  
面積・収量:0.6ha・35hl/ha  
醗母:自然醗母  醗酵:低温で4〜5日間醸しステンレスタンクで29日間発32〜35℃で醗酵  228Lの木樽でマロラクティック醗酵熟成:木樽で18ヶ月13℃熟成  
SO2:瓶詰時:10mg/L トータル:50mg/L  
アルコール度:13%  
銘譲地ヴォーヌロマネ、標高330m東向き斜面、粘土石灰土壌で育つピノをステンレスタンクで発酵、樫樽でマロラクティック発酵後18ヶ月熟成しました。  
雹の影響を受けた16年は例年より収穫を遅らせ9月中旬に行いました。  
鮮やかなルビーの色調、スミレや黒胡椒、スパイスの香りを感じます。  ベリーのコンフィチュールの濃厚な旨味と優しい酸が体に沁み入る柔らかく美しい逸品です。

2018/7/24 ディオニーさんの試飲会にて
綺麗なルビー色。口に含むとスミレやバラのような芳醇な香りとスムーズなタンニンが心地よく今でも充分に美味しく頂けるワインです。
新着マーク
16996
¥7,500(税別)

ニュイ・サン・ジョルジョ 2014オーレリアン・ヴェルデ Nuits-Saint-Georges 2014
ニュイ・サン・ジョルジョ 2014
砂混じりの粘土石灰土壌に植わるピノ・ノワールをステンレスタン
クで発酵、樫樽に移しマロラクティック発酵を経て熟成しました。

 少々茶を帯びたルビー色の外観からは、ラズベリーやフランボワーズのアロマを感じます。柔和なテクスチャーですが高貴でアッパーなストラクチャー、イチゴ系の甘酸っぱさを包括しつつナッティーな香ばしさとふくよかな果実の透明感が細く長く続きます。
16999 ¥6,000(税別)
DOMAINE JEAN RAPHET et FILS
ドメーヌ・ジャン・ラフェ・エ・フィス
  インポーター:フィラディス
ロバート・パーカー4つ星の知る人ぞ知るモレ・サン=ドニに本拠を置く巨匠です。このドメーヌは3つのラベルを持ち、1つはフランス国内向けの写真のラベル、2つめは文字だけ、3つめは2つめのラベルにキュベ・ユニークという文字が入るもの。今まで日本に輸出されるのは上記のような2番と3番目のものでした。2003年ではパーカーポイントをシャルムシャンベルタンで96点、クロ・ド・ラ・ロッシュで95点を取りました。クラシックで柔らかな味わいが特徴です。
クロ・ヴージョ 2009ジェラール・ラフェ Gevrey Chambertin 1999
ジュブレ・シャンベルタン 1999
17129
在庫 1本
¥15,000(税別)
Domaine Yves Boyer Martenot
ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ
ワイナート10号で「数多くの畑をもつ歴史あるドメーヌ。
リッチにおいしいムルソーの個性を楽しむ」と紹介されています。
ムルソーを代表する3つの1級畑を 全て所有しているという恵まれた生産者です。
第二次世界大戦後、アンドレ・ボワイエは、
 それまで女手一つでドメーヌの運営を担ってきた母ルーシーからドメーヌの経営権を相続し、1945年、ムルソー村に隣接するピュリニィ・モンラッシェ村で生まれ育ったジュリエット・ドゥヴェズを妻に迎えます。
 二人の間に生まれた息子イヴ・ボワイエがやがて家族の事業を受け継ぎ、ムルソー村のワイン生産者の家に生まれたマリー・セシル・マルトノと結婚し、現在のドメーヌ名となりました。
 現在は、イヴの息子ヴァンサン・ボワイエがドメーヌの当主を務めています。

 総面積10ヘクタールの自社畑は、ムルソー、ピュリニィ・モンラッシェ、オクセイ・デュレス、ポマールを含むコート・ド・ボーヌ地区内の複数のアペラシオンに跨っています。
 1997〜2007年にかけて自社畑の拡大を進め、ムルソー・レ・ティレ、ムルソー・プルミエ・クリュ・ペリエール、ピュリニィ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・カイユレといったアペラシオンが新たに加わりました。

 土壌と葡萄樹が本来持つ持ち味と個性を尊重し丁寧に育てることで、極めてクオリティの高い上質なワインに仕上がります。
 ワインの質を維持するため、手作業による畑の耕作、グリーン・ハーヴェスト、手摘みでの収穫など、機械による介入を抑えた昔ながらの伝統的手法を守り、ラベルにビオデナミの表記はないものの、有機栽培に限りなく近い栽培方法でワインを造っています。

 ドメーヌ所在地:ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ムルソー
 主要品種:ピノ・ノワール、シャルドネ、アリゴテ
 醸造:ワインの醸造と熟成のプロセスは、昔ながらの伝統的手法を守っていますが、セラーの醸造設備は、最先端の技術を駆使した最新設備が設置されています。
 空圧式圧搾機で可能な限り優しく時間をかけて搾汁し、温度調節機能のついた発酵槽で発酵中の温度は常に一定の温度に保っています。
 収穫は最も良い状態の葡萄だけを全て手摘みで丁寧に選定。
 発酵・熟成は、全て新樽を1/3程含むオークの樽で行い、週に一度バトナージュ(必要であれば清澄も)を施しながら最低でも12カ月かけて行います。
 毎年6月には、各アペラシオンのワインが全てタンクに収まり、更に2ヶ月の樽熟成を経て清澄・瓶詰めされます。
ムルソー・1er・ペリエール 2004ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Perrieres 2016
ムルソー・1er・ペリエール 2016
土壌:石の多い石灰質
畑:ピュリニィ・モンラッシェの畑に隣接。
レ・ペリエール(フランス語で「採石場」)は、岩石を多く含むユニークな土壌に名前の由来を持ちます。
この名高いクリマは、繊細なフィネスと、焼き栗の香りが後味に広がる感動的なアロマを湛えた実に壮麗で魅惑的なワインを生みます。
17071 ¥14,380(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様2本とさせて頂きます。
条件の無いワインを
同数お買い上げください。

ムルソー・1er・ペリエール 2004ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Perrieres 2015
ムルソー・1er・ペリエール 2015
透き通るような黄金色。とろりとした粘度とクリーンでさわやかな酸。時間をかけていくと複雑な要素が次から次へと出てきそうです。
16872 ¥13,060(税別)

ピュリニー・モンラッシェ・レ・ルショー 2009ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Puligny-Montrachet LES REUCHAUX 2015
ピュリニー・モンラッシェ・レ・ルショー 2015
品種:シャルドネ100%
土壌:粘土を含む白色石灰岩質土壌
醸造:天然酵母で発酵。新樽30%のフレンチオークで熟成。無濾過・無清澄。

<のテイスティングコメント>
 鮮やかなグリーンの輝きを湛えた淡いゴールド。
 柑橘系果実を思わせるよく開いたアロマに、ピュリニィの偉大なテロワールの持ち味である新鮮な蜂蜜とヴァニラの風味が香ります。
 オークの風味が果実の味わいと美しく調和し見事な一体感を見せ、熟成用のフレンチオークに由来する仄かなアーモンドとローストしたヘーゼルナッツの風味がワインの味わいに力強く豊満なストラクチャーを与え、ミネラル由来の極めて繊細で柔軟性のあるしなやかな味わいが引き立ちます。
 ヴィンテージにより、10〜12年以上の長期熟成が効きます。
16291
在庫 2本
¥7,770(税別)

ムルソー・ジュヌブリエール 2004ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Genevrieres 2016
ムルソー・ジュヌブリエール 2016
品種:シャルドネ100%
土壌:石灰質
畑:レ・シャルムとレ・ペリエールの畑に隣接
 ムルソー・プルミエ・クリュの中でもベル・コート(美しい岸辺)と呼ばれる一帯の中心に位置するこの畑は、かつてこの辺り一帯に生い茂っていたセイヨウネズ(ジュヌヴリエール)の低木に名前の由来を持ちます。
 ネズの木に実るジュニパー・ベリーのアロマが豊かに溢れる口当たり滑らかでエレガントなワインに仕上がります。
16873 ¥12,870(税別)

ムルソー・シャルム 2006イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Charmes 2016
ムルソー・シャルム 2016
品種:シャルドネ100%
畑:ムルソー最大の一級畑
土壌:粘土を含む白色石灰岩質土壌
ムルソー・プルミエ・クリュの南部、ペリエールの畑の下方に位置し、ピュリニィ・モンラッシェに隣接するこの区画は、ムルソー最大のプルミエ・クリュです。
シャルムは、「ショーム(荒地)」という言葉が訛って付いた名前で、この土地がかつて牧草地用のむき出しの荒地であったことを示しています。
乾燥した不毛な大地は、シャルドネの栽培に最適で、格別な味わいのワインを生みます。
ヴァニラやトースト、バターの風味が香る風味豊かなアロマが特徴のワインです。
17074 ¥11,720(税別)

ムルソー・レ・ナルヴォー 2004ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault Les Narvaux 2016
ムルソー・レ・ナルヴォー 2016
樹齢:45〜50年
土壌:粘土を微量に含む軽やかな石灰質
レ・ティレよりやや下方に位置するレ・ナルヴォーの畑は眼下にムルソーの谷が広がっています。
ナルヴォーの「ヴォー」は、フランスの古い方言で「谷」を意味します。
 粘土をごく微量に含む水はけの良い石灰質土壌は、凝縮感のある濃厚で美しく洗練された味わいのワインを生みます。
18922 ¥7,760(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
条件の無いワインを
同数お買い上げください。

ムルソー・レ・ナルヴォー 2004ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault Les Narvaux 2015
ムルソー・レ・ナルヴォー 2015
樹齢:45〜50年
土壌:粘土を微量に含む軽やかな石灰質
レ・ティレよりやや下方に位置するレ・ナルヴォーの畑は眼下にムルソーの谷が広がっています。
 ナルヴォーの「ヴォー」は、フランスの古い方言で「谷」を意味します。
 粘土をごく微量に含む水はけの良い石灰質土壌は、凝縮感のある濃厚で美しく洗練された味わいのワインを生みます。

<のテイスティングコメント>
 ライトグリーンの仄かな輝きを湛えたホワイトゴールド。
 成熟した葡萄が醸す見事な熟成感と爽やかなミントの風味を帯びたフレッシュで軽快な柑橘系果実のアロマ。
 明るく軽快でいて濃厚な香り。ローストしたアーモンドと胡桃の仄かな香りが美しく複雑な果実のアロマに彩りを添えます。
 エレガントで長く伸びのある果実味が広がる洗練された味わい。
 白果実にスパイス、フローラルな花の風味が香る複雑な味わい。
 レモンやグレープフルーツを思わせる果実味に、テロワールの個性がありありと感じられ、ヘーゼルナッツやミネラルが香る生き生きとした後味がどこまでも続く長い余韻を残します。
 収穫年から6年間が最も飲み頃。
 年により10〜12年間の長期熟成が効きます。
17361
在庫 2本
¥7,060(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
条件の無いワインを
同数お買い上げください。

ムルソー・レ・ショーム 2015イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault les Chaumes 2016
ムルソー・レ・ショーム 2016
品種:シャルドネ100%
樹齢:約20年
土壌:粘土質土壌
醸造:天然酵母で発酵。
 新樽30%のフレンチオークで熟成。無濾過・無清澄。
 20年前にヴァンサン・ボワイエの手により植えられたこの畑は、 一級畑ペリエールの丁度真上に位置し、リューディは、事実上、ムルソー・ショーム・デ・ペリエールに属しています。
 コート・ド・ボーヌの粘土質土壌で育つシャルドネは、豊かなミネラルとバターの風味、複雑でフルーティな果実味が特徴です。
 熟れた果実の濃厚なアロマを湛えた官能的なスタイルを持つワインです。
18921 ¥7,580(税別)

ムルソー・レ・ショーム 2015イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault les Chaumes 2015
ムルソー・レ・ショーム 2015
品種:シャルドネ100%
樹齢:約20年
土壌:粘土質土壌
醸造:天然酵母で発酵。
 新樽30%のフレンチオークで熟成。無濾過・無清澄。
 20年前にヴァンサン・ボワイエの手により植えられたこの畑は、 一級畑ペリエールの丁度真上に位置し、リューディは、事実上、ムルソー・ショーム・デ・ペリエールに属しています。
 コート・ド・ボーヌの粘土質土壌で育つシャルドネは、豊かなミネラルとバターの風味、複雑でフルーティな果実味が特徴です。
 熟れた果実の濃厚なアロマを湛えた官能的なスタイルを持つワインです。

<のテイスティングコメント>
 仄かな淡いグリーンを帯びた淡いゴールド。
 バラの花やアプリコット、エキゾチックな南国の果実を思わせるフレッシュで伸びのある個性豊かなアロマが香ります。
 口に含むと新鮮なバターやレモンの繊細で風味豊かな味わいが、
 胡椒やスパイスの仄かな風味と共に広がります。
 8ー10年の長期熟成が効く、香り豊かでエレガントなワイン。
18850
在庫 1本
¥6,880(税別)

イヴ・ボワイエ・マルトノ・ムルソー・ロルモ−2004 Meursault En l'Ormeau 2016
ムルソー・アン・ロルモ− 2016
品種:シャルドネ100%
樹齢:90年(植樹:1924年)
土壌:肥沃な粘土質
ムルソー南部のアン・ロルモーの畑は、ドメーヌのすぐ裏にあり、
 マニィの畑に隣接しています。
 この畑で育つシャルドネは、ヴァンサンの曽祖父ルシエが1924年に植樹した樹齢90年を超える古樹で、かつて建築用材木としてニレの木(オルム)が植林されていた粘土質の土壌に深く根を張り、バランスの良い爽やかな味わいのワインを生みます。
16955 ¥7,760(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
条件の無いワインを
同数お買い上げください。

ムルソー・レ・ティレ 2009ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault les Tillets 2016
ムルソー・レ・ティレ 2016
土壌:粘土・石灰岩質
 畑:レ・ナルヴォーに隣接
 新樽率:25%
 レ・ティレは、隣接するナルヴォーと同じ微量の粘土を含む
 水はけの良い石灰質土壌を持ちますが、南向きで豊富な日照量に恵まれ、
 ムルソーの典型とも言える繊細なニュアンスと力強いアロマを兼ね備えたワインを生みます。
18088 ¥7,760(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
条件の無いワインを
同数お買い上げください。

ムルソー・フェルナンド 2014イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-fernand 2016
ムルソー・フェルナンド 2016
品種:シャルドネ100%
樹齢:20〜50年
畑:レ・ペラン(1級畑シャルムに隣接)、ル・プレ・ド・マンシュ(一級畑レ・クラに隣接)、レ・ペル&オー・ムーラン・ランダン(ムルソー中心部)
土壌:粘土石灰質
醸造:天然酵母で発酵。
  新樽30%のフレンチオークで熟成。無濾過・無清澄。
 ヴァンサンの祖父フェルナン・ボワイエの名を冠したこのキュヴェは、AOCムルソー内の4つの命名畑(リューディ)で育つシャルドネをブレンドしています。
18920 ¥7,320(税別)

ムルソー・フェルナンド 2014イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-fernand 2015
ムルソー・フェルナンド 2015
品種:シャルドネ100%
樹齢:20〜50年
畑:レ・ペラン(1級畑シャルムに隣接)、ル・プレ・ド・マンシュ(一級畑レ・クラに隣接)、レ・ペル&オー・ムーラン・ランダン(ムルソー中心部)
土壌:粘土石灰質
醸造:天然酵母で発酵。
  新樽30%のフレンチオークで熟成。無濾過・無清澄。
 ヴァンサンの祖父フェルナン・ボワイエの名を冠したこのキュヴェは、AOCムルソー内の4つの命名畑(リューディ)で育つシャルドネをブレンドしています。

<のテイスティングコメント>
 黄色い果実と柑橘系果実のアロマに、仄かなトースト香と白胡椒の風味が香ります。
 凝縮感のある伸びのある味わいが口内に広がり、イエロープラムを思わせる果実味に、仄かなミネラルが感じられ、ピリッとした後味が余韻に広がります。
17646
在庫 3本
¥6,620(税別)

イヴ・ボワイエ-マルトノ・ブルゴーニュ・シャルドネ2004 Bourgogne Blanc 2016
ブルゴーニュ・ブラン 2016
17359
¥3,800(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
条件の無いイヴ・ボワイエ・マルトノを同数お買い上げください。

ブルゴーニュ・アリゴテ 2015イヴ・ボワイエ・マルトノ Bourgogne Blanc 2016
ブルゴーニュ・アリゴテ 2016
品種:アリゴテ100%
土壌:アリゴテの栽培に適した粒の粗い肥沃な大地
 ボワイエのブルゴーニュ・アリゴテは、ムルソーで生産していますが、土壌のタイプはピノやシャルドネと異なります。
 アリゴテ種の栽培に必要とされるキメの粗い肥沃な土壌は、シャルドネやピノ・ノワールの栽培に適さないためです。
18849 ¥2,550(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様3本とさせて頂きます。
条件の無いワインを
同数お買い上げください。
Domaine Sylvain Pataille
ドメ−ヌ・シルヴァン・パタイユ
   自然派
シルヴァン・パタイユはマルサネを本拠地のドメーヌで、彼自身ボルドーで醸造を学び他のドメーヌで手腕を発揮していましたが、 2001年に自身のドメーヌを立ち上げました。自然に忠実なテロワールの特徴を重視したシンプルなワイン造りで、評価が急上昇しています。 最初は1haだった畑は現在10haに増え12種類のキュヴェを造り出しています。
コート・ドールの北端、ディジョンの南わずか数kmに位置するマルサネ。
とかく、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュの高質なものと比べられて、骨格や厚みが乏しく、評価されることが稀な地域。  しかしながら、この地でも世代交代のさなかに、素晴らしい造り手が登場しました。  まさに、「呉下の亜蒙にあらず」(三国志演義)で、旧容を一新しての登場です。 温暖化に伴い、コート・ドール北端のこの地は、好ましい環境に変化していることもあり、一昔前のイメージをがらりと変えてしまうような、マルサネのご案内です。
シルヴァン・パタイユ(33歳)は、シュノーヴ村に数代続くブドウ栽培の家に生まれました。
ドメ−ヌ・シルヴァン・パタイユ
小さな頃から祖父のそばに張りつき、畑で遊び、セラーで樽をころがすのが何より好きで、自然にワイン造りの道に入りました。しかし、自ら醸造・ビン詰をしたのは、シルヴァンの代になって初めてのことです。1997年から醸造コンサルタントを始め、1999年に1haに満たない大変古い畑(マルサネ・ルージュ・ラ・モンターニュ)を祖父から引き継ぎ、2001年にドメーヌ・シルヴァン・パタイユを興しました。
醸造コンサルタントとしての才能は評価が高く、現在15ものドメーヌで、コンサルティングを行っていますが、自身のドメーヌの栽培面積は15haあります。
ほとんどの畑は、賃借契約ですが、コンサルタントの仕事のおかげで、人脈に恵まれ、  樹齢の高い恵まれた畑を契約しています。  2008年からは一部ビオディナミで栽培を始め、野生酵母で発酵、清澄をせず、軽く濾過をしてビン詰をします。 味わいの奥に温かさとエネルギーを感じさせ、ミネラルがしっかりと味わいを支え、緯度の高さからくる涼やかさがあります。
派手で濃縮された技巧的なピノ・ノワール酒とは程遠くて、バランスがよく、美しい果実味を備えた繊細な味わいが身上です。亜硫酸の使用量も大変低いため、一口味わっただけで、自然派の考えで造られた完成度の高いワインであることがわかります。  とりわけ、樹齢の高い最上のプロットから生まれる《ランセストラル》は、シルヴァンの腕の素晴らしさを感じとることができます。
全梗で、2年に及ぶ醸造で造られ、マルサネよりはるかに格上のワインと、ブルゴーニュの専門家の間でもっぱらの評判です。良いコンディションを保ち、持ち味を存分に発揮できるように、注意深く扱えば、きっとブルゴーニュの新たな味わいが目の前に現れ、驚きに満ちた喜びを感じることができること、間違いありません。
私は、このワインの到着を、毎日心待ちにしていました。
通関が切れ次第、スタッフ一同で味わうことを楽しみにしています。  だって、本当はピノ・ノワール酒が大好きなのに、なかなか、心に響く味わいに出会えなかったのですから。<合田泰子>

栽培:シルヴァンはドメーヌを立ち上げた当初から、手作業で草刈りなどの耕作をおこない、それは環境への配慮のみならず土壌により健康的な栄養バランスをもたらすと信じてきました。2007年から有機栽培を実践し2008年から試験的にビオディナミ栽培に取り組んでいます。
醸造:若く知的なシルヴァンは細部にまでとても敏感で丁寧であり、各キュヴェはそれぞれのキュヴェごとに分けて取扱い、非常に注意深くヴィンテッジ・コンディションを考察します。
したがって、彼にとって一般論でワイン醸造をすることは不可能です。 彼は、全房を発酵させて樽(バレル)や大樽(フーダー)で熟成させて赤ワインとなる、自然酵母の存在をを強く主張しています。  真のテロワールを表現するため、熱心に醸造を勉強し、多様なドメーヌのメソッドや醸造哲学を調べ、実験や試作を柔軟に行うなど、 努力を少しも怠りません。  インポーのラシーヌさんの資料から
マルサネ・白 2015ドメ−ヌ・シルヴァン・パタイユ Marsannay Blanc 2015
マルサネ・白 2015
品種:シャルドネ・ロゼ
これはただのマルサネ・ブランではなく、完熟時にピンクになる非常に珍しい品種“シャルドネ・ロゼ”からなるマルサネ・ヴィラージュ・ブランです。 このキュヴェには口蓋に残る素晴らしいエレガンス、ユニークなアロマの輪郭が伺えます。0.17haの畑からワインが造られます。
優しく圧搾された後ブドウ果汁はしばらく静置させられ、バレルに移して(1/3は新オーク樽)アルコール発酵・マロラクティク発酵をおこないます。
熟成は18ヵ月ほど続き、ビン詰前に別けられていた全てのバレルをタンクにまとめて最終ブレンドをおこないます。

2017/9/11 ラシーヌさんの試飲会

やっぱりブルゴーニュは美味しいです。
ふくよかさ、濃厚な舌触り、グレープフルーツのようなきりっとした酸と蜜っぽさがとてもバランスよく余韻が永い、納得の白ワインです。
新着マーク
18893
在庫 1本
¥5,810(税別)

マルサネ・ロゼ・フルール・ド・ピノ 2015ドメ−ヌ・シルヴァン・パタイユ Marsannay Rose Fleur de Pinot 2015
マルサネ・ロゼ・フルール・ド・ピノ 2015
シルヴァンの他のキュヴェとは全く似つかないキュヴェです。  注意深い選果、とてもユニークな醸造テクニックと、熟成を長くすることで、さらに個性的であり伝統的なマルサネロゼとなっています。
選果はLa Charme Auz Pretresのピノ・ノワール、En Blungeyのピノ・グリと、Chamforeysのピノ・ノワールを含む樹齢60〜70歳の古木から。
 40〜50%のブドウはすぐにプレスされ、残りは短期間のマセレーションを行ってからのプレスになります。
 通常2年間熟成させますが、最初の1年間はバレルで(1/3は新オークのバレル、1/3は1年物、1/3は2年物のバレル)2年目はタンクでの熟成です。
 その結果、カラメルの香りを思わせつつ心地よい塩気を感じるたぐいまれない唯一無二のマルサネ・ロゼとなります。
18391
在庫 2本
¥7,500(税別)
Domaine des Croix
ドメーヌ・デ・クロワ
  自然派  インポーター:ラシーヌ
 ドメーヌ・デ・クロワの造り手であるダヴィット・クロワは、 カミーユ・ジルーを再建した人物。
 2001年でドメーヌを引き継ぎいだ、魅力溢れる造り手。2005年が初ヴィンテージ、2008年から完全にビオロジック栽培を実施。

 彼のワインは、モダンな造りで、豊かな果実と酸味のバランスがよく、スッキリしているが、 ほがらかな果実味が特徴。今回入荷している2007年ヴィンテッジも、若いヴィンテッジであるもののツンとした酸味がなく、非常にバランスよく仕上がっており、さすがという味わい。 要注目の生産者です!<インポーター著>
コルトン・ラヴィーニュ・オサン 2011ドメーヌ・デ・クロワ Corton La Vigne au Saint 2015
コルトン・ラ・ヴィーニュ・オー・サン 2015
品種:ピノ・ノワール
植樹:1960年
醸造:100%除梗し、開放桶で醗酵。
ピジャージュを行いつつ、18日間のマセレーション。
フリーランジュースとプレスジュースをそれぞれ15ヶ月間オーク樽(古樽、内約30&新樽)熟成後ブレンドしタンク内で数ヶ月間熟成。
18089
在庫 1本
¥18,000(税別)

コルトン・ラヴィーニュ・オサン 2011ドメーヌ・デ・クロワ Corton La Vigne au Saint 2011
コルトン・ラ・ヴィーニュ・オー・サン 2011
18339
在庫 1本
¥13,340(税別)

コルトン・レ・グレーヴ 2011ドメーヌ・デ・クロワ Corton Les Greves 2011
コルトン・グラン・クリュ・レ・グレーヴ 2011
18133
在庫 1本
¥13,620(税別)

ボーヌ1erCRUレ・ソン・ヴィーニュ2015ドメーヌ・デ・クロワ Beaune Les Cents Vignes 2015
ボーヌ1erCRUレ・ソン・ヴィーニュ2015
18087
在庫 1本
¥7,760(税別)

アロース・コルトン・ルージュ・レ・ボティエール2015ドメーヌ・デ・クロワ Aloxe-Corton Les Boutierres 2015
アロース・コルトン・ルージュ・レ・ボティエール2015
 品種:ピノ・ノワール
植樹:1955年
土壌:シルトと粘土を多く含む茶褐色の土壌
醸造:100%除梗し、開放桶で醗酵。
ピジャージュを行いつつ、16日間のマセレーション。
木樽(古樽その内約5%新樽使用)で15ヶ月間熟成後、タンクで6ヶ月の熟成。
18896
在庫 2本
¥6,520(税別)

サヴィニィ・レ・ボーヌ1erCRUレ・プィエ 2015ドメーヌ・デ・クロワ Savigny Les Beaune Les Peuillets 1er Cru 2015
サヴィニィ・レ・ボーヌ1erCRUレ・プィエ 2015
品種:ピノ・ノワール
植樹:1971年
位置:標高245m、南東向き
土壌:粘土石灰質、下層土は沖積土
醸造:15〜20日間のマセレーション。
フリーランジュースとプレスジュースをそれぞれ228Lのオーク樽(古樽、内約15%新樽)で15ヶ月間熟成後、ブレンドしタンク内で数ヶ月間熟成。
品種:ピノ・ノワール

2017/9/11 ラシーヌさんの試飲会
エレガントな酸、タンニンに伸びがあり、余韻が長く続きます。
18376
在庫 1本
¥7,760(税別)

ボーヌ・ルージュ 2015ドメーヌ・デ・クロワ Beaune 2015
ボーヌ・ルージュ 2015
品種:ピノ・ノワール
植樹:1957年、1974年、1983年
土壌:粘土・石灰質
醸造:100%除梗し、伝統的な開放木製タンクで醗酵。
マセレーションは低温下(13℃)での5日間を併せて合計15日間、ピジャージュは1日4回までおこなう。
古樽で12ヶ月間熟成。
畑:ヴィラージュアペラシオン
「Blanches Fleurs」(ブランシュ・フルール)、「Blanchisserie」(ブランシッスリ)プルミエ・クリュアペラシオン
「Teurons replie´e」(トゥロン・レプリエ)
品種:ピノ・ノワール

2017/9/11 ラシーヌさんの試飲会
口当たりが優しく品の良い味わい。
17837
在庫 3本
¥6,170(税別)
Maison Camille Giroud
メゾン・カミーユ・ジルー(メゾン・カミーユ・ジロー)
  自然派
 カミーユ・ジルー社は1865年に設立されました。
私たちは1988年にジルー家の人々と初めて出会い、古いヴィンテージのワインが数多くセラーに眠って いるのに驚嘆しました。ジルーは10年から15年の熟成を要する「長期熟成型の赤ワイン」を専門にしている、最後の世代に属する小さなネゴシアンです。
 現在2人のジルー兄弟が経営を引継、彼らは 過去と絶縁して新たな道を選ぶ決意をし、自ら醸造するためにセラーを設立しました。しかし、残念ながらシルーはこのビジネスに必要な資金に事欠いた為、2002年にアメリカ人のグループに売却されました。

 現在、ここの専属のワインメーカーに務めている人物は、ダヴィット・クロワです。
ダヴィット・クロワは現代の典型ともいえる人物です。
 アペラシオンの特徴と、各ヴィンテージから自ずと生まれる 特徴をも、直感的に感じ取る才能があります。

 カミーユ・ジルーはワイン・ジャーナリズムからの評価も極めて高く、重要なワイン専門誌2誌からも高く評価させています。カミーユ・ジルーの赤ワインは「ワイン・スペクテイター」誌では、<推薦ブルゴーニュワイン> として2002年と2003年の両ヴィンテージが選ばれ、「デカンター・マガジン」誌においえては2003ヴィンテージが<特選赤ワイン30本>に選ばれました。
<インポーター資料より>
ヴォルネイ 2015メゾン・カミーユ・ジルー Volnay 2015
ヴォルネイ 2015
 品種:ピノ・ノワール

2017/9/11 ラシーヌさんの試飲会
濃厚な口あたり。スミレみたいにチャーミングな味わいで酸も綺麗で心地良いです。
18054
在庫 2本
¥8,530(税別)

ジュブレ・シャンベルタン 2015メゾン・カミーユ・ジルー Gevrey Chambertin 2015
ジュブレ・シャンベルタン 2015
品種:ピノ・ノワール

2017/9/11 ラシーヌさんの試飲会
濃厚で力強さとスパイシーな味わい。酸がキレイでバランスのよい味わい。
18236
在庫 2本
¥9,520(税別)

ヴォーヌ=ロマネ・レ・シャランダン 2015メゾン・カミーユ・ジルー Vosne-Romanee Les Chalandins 2015
ヴォーヌ=ロマネ・レ・シャランダン 2015
18094
在庫 1本
¥13,400(税別)

ヴォーヌ・ロマネ 2011メゾン・カミーユ・ジルー Vosne-Romanee 2011
ヴォーヌ=ロマネ 2011
17891
在庫 1本
¥8,290(税別)

ヴォーヌ・ロマネ 2012メゾン・カミーユ・ジルー Vosne-Romanee 2012
ヴォーヌ=ロマネ 2012
17808
在庫 2本
¥9,250(税別)
Domaine Robert Sirugue
ドメーヌ・ロベール・シュルグ
1960年創業の非常に小規模のワイン生産者。40人もの人員を動員し、手作業で収穫作業を行っています。 働くスタッフも女性が多く、 ワインも女性らしい繊細さが表れています。個人客を対象にしているそうであまり市場に出てこない造り手です。
ヴォーヌ・ロマネ VV 2015ロベール・シュルグ Vosne Romanee VV 2015
ヴォーヌ・ロマネ VV 2015
平均年産3000本。
樹齢60年以上。
年の個性や出来などを総合的に判断して、 造らない事がありますが、グレートな2014年はもちろんリリース。
香ばしい樽香と柔らかで熟度が高く濃縮したパワフルな果実味と 洗練されたタンニン、しっとりと落ち着いたエレガントなミネラル感と土のニュアンスはグラン・クリュの風格さえ漂う逸品。
16536
在庫 1本
¥9,560(税別)

ヴォーヌ・ロマネ 2015ドメーヌ・ロベール・シュルグ Vosne Romanee 2015
ヴォーヌ・ロマネ 2015
16492
在庫 2本
¥8,380(税別)

ヴォーヌ・ロマネ VV 2014ロベール・シュルグ Vosne Romanee VV 2014
ヴォーヌ・ロマネ VV 2014
平均年産3000本。
樹齢60年以上。
年の個性や出来などを総合的に判断して、 造らない事がありますが、グレートな2014年はもちろんリリース。
香ばしい樽香と柔らかで熟度が高く濃縮したパワフルな果実味と 洗練されたタンニン、しっとりと落ち着いたエレガントなミネラル感と土のニュアンスはグラン・クリュの風格さえ漂う逸品。
17377
在庫 1本
¥9,550(税別)
Domaine Guillrd
ドメーヌ・ギーヤール(ミッシェル・ギーヤール)
インポーター:サンリバティー
ジュヴレ・シャンベルタンに5ha弱の畑を所有する小規模ドメーヌです。
 妹とともに運営をしている現当主のミッシェル・ギーヤールは50歳を過ぎ、「ワイン作りに専念しすぎて結婚するのを忘れた」と笑いながら話します。
  彼の父親はかつドメーヌ ピエール・ダモアで修行を積み、彼自身も物心ついた時からワイン作りに励んできました。
  そして1952年に現在のドメーヌを起こします。彼が一生懸命作るワインは、そのAOC以上の品質を思わせます。
  ブドウの樹齢は全般的に古く、1er「レ・コルボ」は70年にも及びます。
  ワインは低温醗酵で新樽平均50% (年により全て違います。) 通常12ヶ月の樽熟成ワインを造ります。
  ノンフィルターで果実味と樽のバランスの取れた素晴らしいワインを作ります。
ジュヴレ・シャンベルタン V.V.ルニアール2014ドメーヌ・ギーヤール Gevrey Chambertin V.V. RENIARD 2014
ジュヴレ・シャンベルタン V.V.ルニアール 2014
グラン・クリュ街道と呼ばれている国道74号線の東側の村名ジュヴレ・シャンベルタ ン。 この東側の畑ですら、アペラシオンを名乗れるところがジュヴレ・シャンベルタン村の懐の深さです。 キュヴェの中では最も酸の豊かな長熟タイプ。
16514
在庫 1本
¥5,300(税別)
フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン・ドイツ
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る][お問い合わせ]