2019年3月 新着アルザス・ラングドック・ボルドー他ワイン

[ hasigoya on line TOP ]   [ ワイントップ ]   [ ご注文方法 ]   [カゴの中身を見る]   [お問い合わせ]
3月 新着ワイン    (=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
日本/山梨県
Domaine Ponkotsu
ドメーヌ・ポンコツ
  自然派   インポーター:ヴァンクール
ドメーヌ・ポンコツ松岡数人氏 ドメーヌ・ポンコツ ドメーヌ・ポンコツ
<生産者>
 松岡数人氏は大阪府堺市の出身で、山梨大学にてブドウ栽培や、発酵、醸造の基礎を学ぶ。
 大学卒業後は、静岡県伊豆市の中伊豆ワイナリーに2000年から 15年間勤務し、醸造責任者を務めた。
 松岡氏が山梨でペイザナ農事組合法人に加入し、ドメーヌ・ポンコツの立ち上げを決意したきっかけには、ドメー ヌ・オヤマダの小山田氏との出会いがある。
 松岡氏は、2005年頃に樽の販売業者が企画したフランスへのツアーで、小山田氏と出会ったがワイナリーを立ち上げるきっかけになったといいます。
 二人とも同時期にビオディナミにチャレンジしていることなどを見ると、お互いが良い刺激になっていたことが伺えます。
 松岡氏は自身の 勉強のため、山梨で小山田氏と共に月に1回程度作業をするようになり、その間に栽培から醸造までを自ら行うペイザナという存在を知り、彼らの考え方に共感した松岡氏は、2012年頃に小山田氏に対して、ゆくゆくは山梨に移住してペイザナに入りたいという話をしました。
 既に松岡氏の造るワインを知っていて、ブドウ造り、ワイン造りに自らと近いものを感じていた小山田氏は、快くその話を受け入れ、その後も月1回程度一緒に仕事をして、自らの仕事を見せ、信頼関係を築いていきました。
 そして2015年の植え付けのタイミングで山梨に移住することを決心。

 既にあるものを造る必要はないと思っていて、どこにもない美味しいものを造ることを目標としています。
 ただ、松岡氏の考え方に影響を与えたワインがいくつかあります。
 例えばとある山梨のワイナリーの白ワインを飲んだ時は「俺は誰になんと言われようが、こうゆうワインなんです!」という主張を強く感じ、ワイナリーとしての在り方や、製品に対してのこだわり方に筋を通していて、実際に飲んでみてもそれを感じることができるという物作りに感銘を受けたといいます。

 前述の樽の販売業者が企画したフランスツアー中に、パリのレストランで小山田氏がチョイスしたフランソワ・シデーヌ。これは単純に美味しいと思ったといいます。
 小山田氏との出会いと重なっていたこともあり、自然派を意識し始めたきっかけになっています。

 松岡氏は場所よりも一緒に仕事をする人が大切だと思っています。
 ワインとブドウは人が造るものであり(ワイ ンに人柄が表れるということではなく)、造り手側として、魅力的な仲間の近くで仕事をしたかったので、その中でやれることを探すということが、自分の生き方なのだと語ってくれました。

<農法>
 今年から始めた山梨での栽培。まだ農法などと偉そうなことをいうには、本当に10年早いと考えています。 降雨量の多い、ブドウ栽培には厳しい土地では、消毒回数も非常に多くせざるを得ず、それがワインの味に影響するのではと考えていました。
 そんなときに小山田氏との出会いから2007年ビオディナミをやり始めることになりましたが、ある特定の病気だけがどうしてもビオディナミでは止めることが出来ず、4年で断念しました。
 ブドウはまともに収穫されず、自分の考えが間違いであることに気づきました。
 健全なブドウが第一であり、それが出来ない土地で無理な農法を取り入れてもいいブドウはできないという結論に至りましした。
 しかし、それでも有機合成農薬の使用に疑問を感じた結果、それを使わなくても栽培できる土地でやろうという結論に達し、山梨はそれが出来る土地であると考えています。
 すなわち草生栽培、無施肥、有機合成化学農薬不使用、殺虫剤不使用。
 自分に対して負荷のかからないやり方。
 しかもテロワール(がもしあるならば)をできるだけ忠実に表すことができると思うやり方でもあります。

<ペイザナ農事組合法人>
 ドメーヌ・ポンコツのワインは、ペイザナ農事組合法人中原ワイナリーにて醸造されています。
 ペイザナ農事組合法人(以下ペイザナ)は、山梨市、甲州市、笛吹市、甲府市、北杜市を拠点に活動。
 農業人口の減少、若者の農業離れが進む中、「日本の農業の将来を見据え、農地を継承・活用し、農業従事者の雇用・育成を目的として」小山田氏と四恩醸造の小林氏が理事となり2011年に設立されました。
 更に、自社の高品質葡萄を原料に、より付加価値の高いワインの生産をペイザナとして実現するため、勝沼町中原に共同醸造所(中原ワイナリー)が2014年に設立されました。

<葡萄とテロワール >
 今、自分がテロワールを語ることは、(やはり)10年早いと考えています。
 つまり、乱暴な言い方ですが、今はただ造っているだけに過ぎません。
 自分の栽培で、自分の品種で、自分がブドウを育てる土地で何が産まれてくるか。
 自分が死ぬまでに分かるかも保証できないが、自分が今やれることは、自分が育てたブドウで表現できることを表現するだけです。
 まだまだ始まったばかりなのだと思っています。

<醸造 >
 自家農園葡萄を原料にし、培養酵母や酵素、発酵助剤等の使用を一切行わず、葡萄に付着した自然酵母により発酵を行う。
 また、製品の品質保全のために不可欠とされる亜硫酸は必要最低限の使用とし、極めて天候が不良な年を除きアルコール分上昇を意図した糖分の添加を行わない。
 スパークリングワインにおいても、酵母の添加は行っていません。
【 ヴァンクールさんの資料より】
ジャロピー2018ドメーヌ・ポンコツ Jalopy 2018
ジャロピー 2018
品種:デラウェア ピノグリ、プチマンサン少量。  
樹齢:約20年。  
土壌:粘土質。  
マセラシオン:デラウェア:12日間         
ピノ・グリ:房ごと3日間         
プチ・マンサン:なし  
醗酵:自然酵母、ステンレスタンク醗酵。     
マセレーション後樽醗酵  
熟成:古樽で4ヶ月  
畑情報:デラウェア(甲州市上岩崎内藤、狐原、 山梨市水口、甲府市善光寺) ピノ・グリ(甲州市上岩崎狐原) プチ・マンサン  (甲州市塩山小屋敷)
【ジャロピー】or【まどぎわ】or【おやすみなさい】
いづれか1本のみのご購入にさせて頂きます。
新着マーク
18605
sold out
¥1,600(税別)
限定以外のワイン1本を組み合わせてお買い求めください。
※(ポンコツのワイン1本+限定以外のワイン1本のセットという意味です)

まどぎわ 2018ドメーヌ・ポンコツ まどぎわ 2018
品種:甲州、デラウェア主体、ソーヴィニヨンブラン、シャルドネ少量  
樹齢:約20年。  
土壌:粘土質。  
マセレーション:発酵中の甲州とデラウェアの果汁に、ヴィニフェラと後から収穫した甲州を房ごと1週間マセレーション  
醗酵:自然酵母、ステンレスタンク醗酵、  
熟成:ステンレスタンク熟成。  
畑情報:甲州 (甲州市勝沼町小佐手、上岩崎狐原、塩山小屋敷) デラウェア (甲州市上岩崎山田、甲府市善光寺) ヴィニフェラ  (塩山小屋敷)
【ジャロピー】or【まどぎわ】or【おやすみなさい】
いづれか1本のみのご購入にさせて頂きます。
新着マーク
18933
sold out
¥1,600(税別)
限定以外のワイン1本を組み合わせてお買い求めください。
※(ポンコツのワイン1本+限定以外のワイン1本のセットという意味です)

おやすみなさい2017ドメーヌ・ポンコツ おやすみなさい(ロゼ発泡)2017
品種:巨峰、ピオーネ、甲斐路主体 メルロ―、カベルネソーヴィニヨン、 カベルネフラン少量  
樹齢:約20年。  
土壌:粘土質。  
一次醗酵:自然酵母 ステンレスタンク発酵先に巨峰系をプレスし発酵させ、 ヴィニフェラをプレスし合併し、残糖分が 適切になるまで発酵させ瓶詰め二次醗酵、
熟成:10月瓶詰め 瓶内で5ヶ月(2018年3月時点)  
デゴルジュマン:なし  
畑情報:巨峰、ピオーネ(甲斐路 甲州市勝沼町上岩崎、小佐手)ヴィニフェラ (甲州市塩山藤木、小屋敷)
【ジャロピー】or【まどぎわ】or【おやすみなさい】
いづれか1本のみのご購入にさせて頂きます。
新着マーク
18606
sold out
¥1,800(税別)
限定以外のワイン1本を組み合わせてお買い求めください。
※(ポンコツのワイン1本+限定以外のワイン1本のセットという意味です)
フランス/アルザス
Laurant Bannwarth
ローラン・バーンワルト 
自然派    インポーター:ヴォルテックス
1960年代にコルマールの南にある村、Obermorschwihrにて創業した蔵元で、 合計12ヘクタールの畑を所有。
父ローランの跡を継いだ息子ステファンは、80年代に栽培をビオディナミに変え、エコセールの認証を取得しました。加えて、アルザスの自然派の造り手たちからの影響 もあり、2007年から少しずつ、探るように自然なワイン造りを始めています。
当初は醸造的に白よりも比較的リスクの低い赤ワイン(ピノ ノワール)のみでしたが、2009年にはエデルツヴィッカーとリースリングも亜硫酸を使わずに醸造しました。 本格的に取り組みを始めたのは2010年、ジュラのJean-Marc Brignotが彼のゲヴェルツとピノグリを買い付けて亜硫酸ゼロで仕込んだ年で、シルヴァネールをビン詰めに至るまで亜硫酸を徹底して使わずに造っています。
2011年はアンフォラを使ってピノ・ノワール、リースリングとゲヴェルツトラミネールを醸造、またシルヴァネールでは長期間のマセラシオンを試みるなど、意欲的にナチュラルなワイン造りに取り組んでいる、将来がとても楽しみな生産者です。
土壌:石灰、粘土石灰、砂、レス、花崗岩など、様々なタイプの土壌構成
樹齢:平均して50年
醸造:手摘みしたブドウを収穫しながれ選別して、除梗せずに全房プレス
一晩デブルバージュした後にコンクリートタンクとフードルで自然発酵
清澄はせず、フィルターもかけずにビン詰め。

2010年 冬が長かった年で3月上旬まで残雪があった。春が訪れた後は比較的気温が高く好天で推移した。
8月下旬になって雨がちになり気温も低く不安定な状態になったが、9月は 一転して毎日が快晴となったことで挽回できた。 他の生産者より1週間収穫を遅らせて、種まで完熟したブドウを得ることができた。6 月中旬に開花し、3週間かけて終わった。
シルヴァネール 2016ローラン・バーンワルト Sylvaner 2016
シルヴァネール 2016
品種:シルヴァネール100%
入荷から約1年倉庫で寝かせ、今回のリリースとなります。
以前は、還元香が強く果実味も乏しく感じる印象が強くありました。 約1年休ませたことで還元香は抜け、果実香や蜜のような香りが感じられるようになりました。
僅かにとろみが見られる麦藁色。りんごやカリン、りんごの蜜や蜂蜜、白い花などの芳醇な香りに火打ち石や煙のようなテロワール由来の香りが感じられます。
スワリングすると蜜のような甘い香りが一層引き立ちます。 口に含むと香りの芳醇さに比べ柑橘を想わせるキリッとした酸が感じられます。仄かな甘みと軽く煮たりんごに蜂蜜とレモンをかけたような風味が広がり、 海を想像させる旨味と僅かながら塩味が残ります。シャープな酸は鋭角なものではなく、舌の上に果実味や旨味を閉じ込めるように残しながら、キレのよい飲み心地と全体に軽さを感じさせスッキリとした印象を与えてくれます。
また、その酸があることで旨味がじんわりと溢れるように広がります。 抜栓翌日も特に劣化感などはなく、より果実味も膨らみ旨味や酸などとのバランスが整っていきます。
春を感じさせる味わいで、ほろ苦い山菜の天ぷらなどと一緒に楽しみたくなるような想像が膨らみます。
今の時期は冷やし過ぎると酸のシャープさが際立ちますので、常温に近い温度帯で香りの芳醇さとスッキリとした酸の調和をお楽しみください。 <インポーターさんのコメント>
新着マーク
18131
¥3,180(税別)

ピノ・グリ・ビルドストックレ 2014ローラン・バーンワルト Pinot Gris Bildstoeckle 2014
ピノ・グリ・ビルドストックレ 2014
品種:ピノ・グリ100%

2018/4/4 ヴォルテックスの試飲会にて
わずかに濁った薄茶色。トロっとして濃厚な口当たり。若干苦みを感じますが味わいはりんごを煮詰めたような香ばしさやふくよかでスパイシーな香りもあります。
18847
在庫 2本
¥4,450(税別)

リースリング・・ビルドストックレ 2015ローラン・バーンワルト Riesling Bildstoeckle 2015
リースリング・・ビルドストックレ 2015
品種:リースリング100%

2018/4/4 ヴォルテックスの試飲会にて
きりっとした酸の中にトロピカルな熟した果実の感じも覗いていました。厚みもありピュアな果実味が冴え渡ります。余韻には密のような味わいが上がってきます。
18299
在庫 2本
¥4,450(税別)
フランス/ジュラ
Michel Gahier
ミッシェル・ガイエ
   自然派 インポーター:ヴォルテックス
ミッシェルの蔵は、エマニュエル・ウイヨンやピエール・オヴェルノワが居を構えるピュピヤンから、車で15分ほど山道を走ったモンティニィ・レ・アルスル村にあります。
16歳から父親と一緒に働いていたが、ワインを専門に造っていなかったことから、ほぼ独学でワインについて学んできた。 アドバイスをくれた人たちは、かつて昔ながらの栽培と醸造をしていた祖父くらいの年齢の、既に引退した人たちだけといった環境。
ミッシェル・ガイエ氏
有機栽培をしていることで周囲からは異端者扱いされ、(採算性が悪い理由から)  銀行もお金を貸してくれない、極めて厳しい時代を耐え抜いてきた苦労人である。  頑張って続けて来ることができたのは、アルボワのレストラン「ジャン-ポール ジュネ」の初代料理長アンドレ・ジュネ氏から受けた薫陶が大きいと言う。
 アンドレは、ミッシェルが納品に訪れるたびに 古いワインを飲ませてくれ、 苦しくても栽培と醸造の方法を楽な方向に変えては絶対にいけないと励ましてくれました。 ミッシェルのワイン造りの根幹にあるのは、仕事の内容は違っても、アンドレ ジュネのようなモノ造りをする職人が共通して持つ、魂のようなものなのだと思われる。
アルボワ・トゥルソー・グラン・ヴェルジェ2016ミッシェル・ガイエ Arbois Trousseu grands Vergers 2016
アルボワ・トゥルソー・グラン・ヴェルジェ2016
品種:トゥルソー100%
樹齢:84年
平均収穫量30hl/ha。
特徴:小石混じりの石灰質土壌。最もトゥルソーの栽培に適した畑。約1ヶ月程度のセミマセラシオン・カルボニック。
発酵後、大樽にて12ヶ月の熟成。亜硫酸無添加。

2018/8/29 ヴォルテックスの試飲会にて
綺麗なガーネット色。タンニンが細かくまろやかな口当たりでハーブの香りがエレガントで上品。小粒の果実の味わいといちじくやすもものような甘酸っぱさほのかに感じる樽の香りが心地よい。
16644
在庫 1本
¥4,480(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

アルボワ・シャルドネ・ラ・フォーケット 2013ミッシェル・ガイエ Arbois Chardonnay Melon La Fauqette 2013
アルボワ・シャルドネ・ムロン・ラ・フォーケット 2013
品種:シャルドネ100%。

2018/8/29 ヴォルテックスの試飲会にて

熟成感を感じさせる厚みとふくよかで密っぽさ。メロンのような味わい。酸はシャープでピリピリとした果実感。熟成期間が長く旨味がたっぷり含まれています。
16769
在庫 1本
4,480(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

アルボワ・シャルドネ・レ・フォラス 2015ミッシェル・ガイエ Arbois Chardonnay Les Follasses 2015
アルボワ・シャルドネ・レ・フォラス 2015
品種:シャルドネ100%。

2018/8/29 ヴォルテックスの試飲会にて
りんごやカリンなどの果実香とレモンのような爽やかなフレッシュな酸もあります。少しガスがあって、厚みとミネラルがキラキラとしています。余韻が永く、奥からたっぷりの密を感じます。
16668 sold out
¥3,370(税別)
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。
フランス / ラングドック
Mas Coutelou
マス・クトゥルー
   自然派    インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
マス・クトゥルーでは、数十ヘクタールもの様々なテロワールを有する畑を所有しています。 拠点となるPuimisson(ピュイミソン)は、表土と下層土が寄せ集まった地形をしています。その大部分は粘土石灰で形成されておりますが、粘土質が強かったり石灰の割合が多かったりしており、所々に砂利や泥灰土が含まれていたりもしています。 1987年から、有機栽培に取り組んでいます。 マス・クトゥルー
その管理は厳格に行われており、植物や土壌に細心の注意を払っています。 例えば粘土質の土壌に必要な耕起には制限を設け、土壌が固く締まってしまわないようにしています。春には、すべてのブドウの台樹を手作業で掘り起こしますし、剪定も芽が出てから行います。 基本的に、樹の手入れについては人的介入を制限しており、必要な場合は植物由来の堆肥や調合剤、その他天然由来のものを用います。
有機栽培には、(その効果を発揮させるために)安定した環境で行うことが求められます。 私たちは10年以上前から畑の環境改善に取り組み始め、それまでの畑を取り巻く環境の影響により状態の悪くなった樹を抜き、代わりにオリーブの木を植えました。 また、畑を守るため周囲に生け垣を造りブッシュを発生させ、木々を植えて緩衝地帯を作り、水の浸食や水質汚染を防ぐことができるようにしています。
醸造において唯一のレシピは存在しないと考えており、品種やヴィンテージに合わせて調整する(ショート/ロングマセレーション、除梗または全房発酵、ピジャージュあるいはルモンタージュ)直感的な方法、つまり収穫したブドウに応じて様々な手法を使い分けています。それによって、どのようなワインに仕上がるかが決まってくるのです。 「ナチュラル」なワインを造ることは、ブドウ畑での作業における最終回答を得ることでもあると思っています。
瓶詰めは私たちの蔵にて、フィルターを用いず月の暦に則って行います。ワインには、最初から最後まで酸化防止剤を添加していません。 ブドウ品種はそれぞれ異なる区画で栽培しており、品種ごとにワインを醸造します。
ヴァン・デ・ザミ 2017マス・クトゥルー VdF Rouge Vin des Amis 2017
ヴァン・デ・ザミ 2017
品種:サンソー50%、シラー35%、グルナッシュ15%

2019/1/23 ヴォルテックスの試飲会にて
鮮やかな赤色。凝縮した果実の香りとタンニンが綺麗。紅茶や甘露飴のような味わいがじんわりと口の中に広がります。
18645 sold out
¥2,250(税別)

VdF ブラン 2017マス・クトゥルー VdF Blanc 2017
VdF ブラン 2017
品種:マカブー、グルナッシュ・グリ、ミュスカ・プティ・グラン

2019/1/23 ヴォルテックスの試飲会にて
ガスを少し感じます。ミュスカの由来するマスカットのような華やかな香りと果実の味わいがトロピカルに感じ、密や芳醇な香りが楽しめます。酸も存在し、ベタベタしないフルーティーさを感じます。
19419 ¥3,830(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
申し訳ございませんが
限定以外のワインを一緒にお買い上げ下さいませ。

フラワー・パワー 2015マス・クトゥルー VdF Rouge Flower Power 2015
フラワー・パワー 2015
品種:サンソー、シラー、アラモン・ノワール、アラモン・グリ、ウイアード・ノワール、ミュスカ
やや紫がかった深い赤色。

2017/3/29 ヴォルテックスの試飲会にて
カシスやドライいちじくのような濃厚でタンニンもしっかりしていますが華やかな香りと白い花を思わせる香りが優しい甘さとバランスがよく感じます。
18817 ¥3,220(税別)
CHATEAU FOND CYPRES
シャトー・フォン・シプレ
     自然派
 ドメーヌの当主であるレティシアは、2004年に父親と一緒にシャトー・フォン・シプレを立ち上げる。2005年、夫ロドルフ・ジャネジニを通じてフレデリック・コサールと知り合い、彼とコラボワインをリリースする。2010年、経営がうまく回らず行き詰っていたが、フレッドのアドバイスを取り入れワイン造りを一新し、ワイナリー名もシャトーからドメーヌに変え新たな再スタートを切る。 シャトー・フォン・シプレ
デリエール・レ・ファゴ 2017シャトー・フォン・シプレ VdF Derriereles Fagoys 2017
デリエール・レ・ファゴ 2017(マセラシオン)
品種:ミュスカプティグレン100%
樹齢:14年
ミュスカの収穫日は8月23日。
収量 は20 hL/ha。
2017年はル・ブラン・ デ・ガレンヌをアッサンブラージュせずミュスカプティグレン100%で仕込んでいる!
ワイン名は直訳すると「薪の後ろ」だが、「秘蔵のもの」という意味がある!
SO2無添加!ノンフィルター!

2019/1/28 ヴァンクールの試飲会にて
ハーブの香り、味わいは複雑でオレンジ、カリン、焼きリンゴのような香り。
19423 ¥4,410(税別)

ル・ブラン デ・ガレンヌ 2016シャトー・フォン・シプレ VdF Le Blanc des Garennes 2016
ル・ブラン デ・ガレンヌ 2016
品種:ヴィオニエ60%、ルーサンヌ10%、 グルナッシュブラン30%
樹齢:13年
収穫日は9月4日。
収量は25 hL/ha。
2016年は、2015年同様日照りの影響で酵母の働きが弱く、発酵に苦労した。ワイン名は畑の区画の名前。
Garenneには「ウサギの生息する森」という意味がある!
SO2 無添加!ノンフィルター!

2019/1/28 ヴァンクールの試飲会にて
ハーブの香り、濃厚でドライアプリコット、べっこう飴のような感じ。ほのかに苦みを感じ、酸もあってスパイシーでミネラリー。
19422 ¥3,460(税別)

ル・カリニャン・ド・ラ・ソース 2011シャトー・フォン・シプレ VdF Le Carignan de la Source 2011
ル・カリニャン・ド・ラ・ソース 2011
品種:カリニャン
樹齢:65年~80年
収穫日は9月13日。収量は35hl/ha。 SO2無添加!大きな浮遊物を取る程度 の目の粗いフィルターを使用!ワイン 名は畑の区画の名前で la Sourceの区 画は昔地下に水源があった!
ダークチェリー、ミュール、ライチ、タバコの葉、カカオの香り。口当たり滑らかかつ果実にたっぷりとしたボリュームと凝縮感があり、若く細かいタンニンと洗練されたミネラルの旨味が口をしめやかに満たす!

2014/1/8 ヴァンクールの試飲会にて
ダークチェリーのような熟した小さな果実を感じます。タンニンも綺麗で上質で伸びやか。余韻がとても永くスムーズ。
17106
在庫 1本
¥3,140(税別)

ル・カリニャン・ド・ラ・ソース 2012シャトー・フォン・シプレ VdF Le Carignan de la Source 2012
ル・カリニャン・ド・ラ・ソース 2012
品種:カリニャン
樹齢:50年~66年
収穫日は9月18日。2012年は例年よりも豊作で収量は40 hL/ha!ワイン名は畑の区画名。 la Sourceの区画は昔地下に水源があった!SO2無添加,ノンフィルター!
カシス、ドライイチジク、海苔の香り。ワインはスマートかつ優雅で構成がはっきりとしていて、旨味の溶け込んだ艶やかな果実味をキメの細かいミネラル、タンニンの収斂味が引き締め骨格を整える!

2015/1/7 ヴァンクールの試飲会にて
色が濃厚。カシスやダークチェリーのような黒く熟した小さな果実を感じます。タンニンは甘く、綺麗で上質で伸びやか。余韻がとても永くスムーズ。
18404
在庫 3本
¥3,380(税別)

ル・コルビエール・ド・フォン・シブレ 2012シャトー・フォン・シプレ Le Carignan de la Source 2012
ル・コルビエール・ド・フォン・シブレ 2012
品種:グルナッシュ、カリニャン、シラー各1/3
樹齢:15年~66年
グルナッシュ「ル・ボワ・サン・ジョーム」2樽、シラー「ラ・ロング・ド・ピュイ」2樽、カリニャン「ラ・ソース」500L1樽、一番良い樽をセレクトし瓶詰め1ヶ月前にアッサンブラージュした!SO2無添加,ノンフィルター!
ダークチェリー、ミュール、ユーカリ、モミの木、カカオ、ミネラルの香り。ワインは力強くもしなやかかつ凛としたストラクチュールがあり、果実の凝縮味をタイトなミネラルと緻密なタンニンが引き締める!

2015/1/7 ヴァンクールの試飲会にて
ダークチェリーのような熟した小さな果実、濃厚でタンニンの中に甘く熟した果実を感じます。酸が綺麗でバランスと品の良さが相まって上質な味わいを感じます。
18406
在庫 2本
¥3,670(税別)
フランス/ブルゴーニュ シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]