2020年1月 新着スペインワイン

[ hasigoya on line TOP ]  [ ワイントップ ]  [ ご注文方法 ]  [カゴの中身を見る]  [お問い合わせ]
1月 新着・スペインワイン
=自然派ワイン)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア
2017年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
スペイン/プリオラート
Franck MASSARD
フランク・マサール
    インポーター:ヴァンクール
現オーナのフランク・マサールは91年ソーミュールのソ ムリエ学校を出た後、ドイツ、イギリスでソムリエに従事。イギリス在住中はマスターソムリエ、マスターオブ ワイン、2004年世界ソムリエ選手権2位のトップソムリエ、ジェラール・バセ氏の下で働く。96年に自身もイギ リスのソムリエ選手権で優勝。98年にWSETのディプロムを取得。2000年の4月にスペインに移りトーレスで働 きながら、04年に自分の畑を買いドメーヌをスタート。 フランク・マサール
カタルーニャ・マス・サルダーナ(赤)2013フランク・マサール DO Catalunya Mas Sardana 2017
カタルーニャ・マス・サルダーナ(赤)2017
品種:グルナッシュ85%、 テンプラリーニョ15%
樹齢:33年平均
収穫日は9月1日~10日。
収量は48 hL/ha。
エチケットのデザインはカタルーニャ地方の伝統ダンス 「Sardana」を踊っている風景で、ワイン名Mas Sardanaはサルダナ踊りとフランクの名字Massardを掛けている!
(Masには「ドメーヌ」の意味がある)

2019/7/23 ヴァンクールの試飲会にて
プラム、カシス、ブルーベリー、ザクロのような赤い果実の味わい。ジューシーで繊細、タンニンも程ほどにあり、酸味も感じます。重たい感じでは無いので気楽に飲んで頂ける赤ワインです。
18377 ¥1,550(税別)

カタルーニャ・マス・サルダーナ(白)2012フランク・マサール DO Catalunya Mas Sardana Blanc 2018
カタルーニャ・マス・サルダーナ(白)2018
品種:グルナッシュブラン100%
樹齢:36年平均
収穫日は9月8日。
収量は50 hL/ha。
2018年はフランク曰く、今まで仕込んだマス・サルダーナの中で一番の 出来とのこと!
エチケットのデザインはカタルーニャ地方の伝統ダンス 「Sardana」を踊っている風景で、ワイン名Mas Sardanaはサルダナ踊りとフランクの名字Massardを掛けている!
(Masには「ドメーヌ」の意味が ある)


2019/7/23 ヴァンクールの試飲会にて
りんご、白桃のような熟した果実、トロピカルフルーツを思わせます。蜜っぽさと綺麗な酸が爽やかさとフルーティさを感じ、デイリーワインにはもってこいです。
19530 ¥1,550(税別)

テラ・アルタ・エル・マゴ 2014フランク・マサール D.O Terra Alta El Mago 2015
テラ・アルタ・エル・マゴ 2015
品種:グルナッシュ95%、シラー5%
樹齢:22年平均

収穫日は9月22日。
収量は40hL/ha。
ワイン名のEl Magoは英語で言うThe Wizard「魔法使い」の意味と、もう一つフランクの2人の子供(MayaとHugo)の頭文字の部分を合わせた造語になっている!
ちなみに柄のデザインは息子のユーゴが書いている!

2016/4/26 ヴァンクールの試飲会にて
カシスや黒すぐりの香り。濃厚でスパイシー。奥からは熟した果実の甘みが上がってきてバランスが良く納得の1本でした。
18378 ¥2,200(税別)
スペイン/モンサン
ENVINATE
エンビナーテ
  インポーター:ラシーヌ 自然派
生産地域:カナリア諸島、ガリシア、エストレマドゥーラ、アルマンサ  
オーナー/醸造責任者/栽培責任者/コンサルタント:ロベルト・サンタナ(カナリア諸島) アルフォンソ・トレンテ(リベイラ・サクラ)ラウラ・ラマス(ムルシア)  ホセ・マルティネス(アルマンサ)
創業年:2008年  
エンビナーテ(「ワイン、あなた自身」という意味)は、ワインメーカーの4人組の構想から生まれた。 この4人組は、アリカンテのミゲル・エルナンデス大学で醸造学を学んでいた、2005年に結成され、大学卒業後、彼らはワイン造りのコンサルタント業を始め、これがのちに「エンビナーテ」へと発展することになる。       
エンビナーテ
彼らは、リベイラ・サクラやカナリア諸島といった、 主として太平洋気候から影響を受けた地域で、個性的な畑地に焦点を当てるプロジェクトを進めてきた。      そのグループとしての目的は、明快かつ簡潔な表現法でもって各畑のテロワールを体現する、あくまで純で真正なワインを造ることにある。  
畑について  
栽培方法:リュット・レゾネ  
栽培方法の将来的な展望:常に変わらず現在と同じ栽培法を続ける  
認証機関:認証は取得していないが、畑は出来る限り自然な農法を心がけている  
土壌:火山性(カナリア諸島)、
スレート粘板岩と花崗岩(リベイラ・サクラ)  
微気候:海洋性気候  
自社ブドウ畑面積:カナリア諸島は7ha(すべてピエ・フランコ)、リベイラ・サクラは4ha  
自社ブドウ畑の数:カナリア諸島:15、ガリシア:12  
自社栽培ブドウ品種数:35種  

醸造について  
酵母のタイプ:野生酵母  
圧搾方式:手動にて垂直式プレスを使用(リベイラ・サクラ)、 空気圧式プレス(カナリア諸島)      
年間生産本数:16500本(カナリア諸島)、17000本(リベイラ・サクラ)  
ラシーヌさんの資料より。
ミガン2017エンビナーテ Migan 2017
ミガン2017(カナリア諸島)
品種:リスタン・ネグロ  
植樹年:2001年代以前  
位置:標高300~600m、北向き  
土壌:2区画とも火山岩土壌だが、片方はより粘土質  
醸造  コンクリートタンク、開放槽で20~30日間のマセレーション  ニュートラルな600L樽と228L樽で12ヵ月間熟成  
ワイン名は畑の呼称に由来。  
畑のあるオロターヴァと呼ばれる地域では、 Cordon Trenzado(三つ編み仕立て)と呼ばれる、 古い仕立て方を採用している。  複数の苗を一か所に植えて、それをお互いに絡ませながら、枝を伸ばしていき、長いものでは10m以上にもなる。  
根本が一か所に固まっているので、 冬の間は、枝を1方向にまとめてどかしておいて、 他の作物を栽培することが出来る。  
100年以上もこの地域で続く、昔ながらの栽培方法。

2019/6/12 ラシーヌさんの試飲会にて
フランボワーズやレッドチェリーのような優しく、ふくよかな味わい。エレガントな口当たりで余韻も綺麗。 価格以上のパフォーマンスを感じました。
19514 ¥3,980(税別)
スペイン/モンサン
CELLERS JOAN D'ANGUERA
セラーズ・ジョアン・ダンゲラ
オーナー・栽培責任者:ホセプ・アンゲラ・ポンス、ホアン・アンゲラ・ポンス   
地域:モンサン ・ダルモス    
歴史:ホセプとホアン兄弟が所有している。 1820年からダルモスの地でブドウ栽培とワイン生産をしていて、現在は7代目になる。   バルク売りしていたが1984年から彼らの父親はボトル詰めを始め、「ホアン・ダンゲラ」として販売された。
それから、テロワールを常に尊重するワイン生産を増やしてきた。
ホセプ・アンゲラ・ポンス、ホアン・アンゲラ・ポンス
2000年に父親が亡くなった後、セラーはジョゼップとジョアンによって経営されるようになった。     2008年に、ビオディナミによる畑仕事を開始、 2012年からデメター認証とヨーロッパ連合のオーガニック食品認証を受けている。      
造り手略歴:ホセプは農業技術を学び、ホアンは醸造学を学んだ。 2000年代の流行は強いアルコールとタンニン、新樽の香りがするスーパーワイン、当時、最も権威のあるワイン雑誌からとても高い点数を得た。しかし、違うのではないかと考え、彼らは彼らのシンプルなワインが表出する。  
畑について  
認証機関:デメテール  
微気候:地中海性気候    
自社ブドウ畑面積:24ha  
自社栽培ブドウ品種:ガルナッチャ、カリニェナ、プントホ・フォール、シラー、マカベオ
主な仕立て方法:ゴブレとコルドン・ロワイヤ  
仕立ての支柱の素材:ゴブレにはなし。
コルドン・ロワイヤには木とステンレスの支柱
堆肥:自身でビオディナミに基づく堆肥を、木の枝に肥やしを混ぜて作っている。  
酵母のタイプ:自然酵母  
セラー環境:100人ほどしか住んでいないダルモス村にセラーはあり、 その歴史は1820年にさかのぼる。 古いセラーが拡張され、現在はブドウの集積、 ビン詰、樽熟成、ボトル置き場として用いられている。 目下のところ、祖父たちがしたように、 地下のセラーの古い樽で長期熟成している。  
年間生産ボトル本数:100,000本  ラシーヌさんの資料より。
フィンカ・ラルガダ 2016セラーズ・ジョアン・ダンゲラ FINCAL'ARGATA 2016
フィンカ・ラルガダ 2016
品種:ガルナッチャ100%  
樹齢:1960年~1980年に植樹  
位置:標高50~110m  
土壌:石灰質  
醸造  セメントタンクで3週間マセレーション  
バリックとトノー(500L)で13カ月熟成  
樹齢の高い、ゴブレのブドウの実を使用している。  
色合いは透き通ったルビーをしており、抽出は強すぎない。  
瓶詰め後、一年間、寝かせてからのリリースなので、飲み頃は迎えているが、熟成させれば、秀逸なグルナッシュ種のワインになることは間違いない。

2019/6/12 ラシーヌさんの試飲会にて
色は薄く透明。すもものような香り、タンニンが細かく味わいは凝縮していながら柔らかな口当たりでとても美味しい。 価格以上のパフォーマンスです。
19510 ¥3,030(税別)
スペイン/アンダルシア州グラナダ
Barranco Oscuro
バランコ・オスクロ
    インポーター:ル・ヴァン・ナチュール  自然派
 バランコ・オスクロのマニュエル・ヴァレンズエラ氏は1979年に家族と共に大都市から、シエラネバダ山脈と地中海の間のアルプハラ地方に引っ越ししてきました。
 ブドウやアーモンドを栽培、ワイン醸造を行っており、スペインのナチュラルワインの先駆者として知られています。
 ブドウ畑は、標高1000m以上に位置し、最も高い畑は1368m、自然に栽培さているブドウ畑としてはヨーロッパでもっとも高い位置にあるとのことです。
 ワイナリーは、標高1280mに位置しています。
バランコ・オスクロのマニュエル・ヴァレンズエラ氏
 栽培・醸造:
スペインの品種(VigiriegaやListan Negro)から国際品種(Cabernet SauvignonやSyrah)まで数多くの 品種を栽培しています。
栽培は化学肥料や殺虫剤をしようしないビオロジック農法、醸造は自然酵母発酵、 酸化防止剤は使用していません。
濾過、清澄も必要なときのみ。生産されているワインはスペインのナチュラルワインの ベンチマークとして捉えられています。
赤ワインを80年代から、スパークリングワインを90年代から作り始め、 試行錯誤しながら様々なワインを生産しています。
ヴァレチュオ 2017バランコ・オスクロ Varetuo 2017
ヴァレチュオ 2017
品種:テンプラニーリョ100%。
ヴァレチュオは現地でテンプラ ニーリョの意味。
1996から1997年に植えられた2ヘクター ルの畑から。
標高1300mに位置し、主に粘土と粘板岩土 壌。
ステンレスタンクで除梗せずに自然酵母により発酵、 その後500リットルのオーク樽で1年熟成し瓶詰。
無濾過、 無清澄、酸化防止剤は使用していない。

2019/6/19 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
カシスやプラムのような黒系の果実の香りと味わいですが軽やかで滑らかです。タンニンがとても細かく綺麗。
18754 ¥2,770(税別)

ガルナータ 2011バランコ・オスクロ Garnata 2011
ガルナータ 2011
品種:ガルナッチャ100%。
セロ・ラス・モハスの区画から。基本的に渋みは強いが酸味が強く新鮮、 果実味やミネラル感が特徴のワイン。

2017/1/24 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
濃厚でタンニンがエレガントで細かい。
スペインワインもパフォーマンス高いなあと思わせる納得の味わいでした。
18756
在庫 2本
¥4,430(税別)

ペドロヒメネス 2009バランコ・オスクロ Xarab 2009
ザラブ 2009
品種:2001年11月15日に収穫したペドロヒメネス100%。
残糖120g/L/。
酒精強化はしていません。
自然酵母で発酵、SO2無添加。
綺麗な琥珀色の外観。蜜や花を想起させる芳香。 味わいも蜂蜜やドライイチジクやイチジクのジャム、マロングラッセやドライのナツメヤシなど複雑な甘口です。
しかし綺麗な酸が味を引き締めており、バランコオスクロのワイン全体に言えることですが重くありません。 食後のフロマージュや単体でも楽しめます。

2016/9/14 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
アンズやいちじくジャムのよう。甘くとろんとして口一杯に広がる果実味と酸のキレの良さが素晴らしです。
18682
375ml
在庫 2本
¥4,150(税別)
スペイン/アンダルシア
Marenas
マレナス
  自然派 インポーター:ル・ヴァン・ナチュール
 マレナスは、ホセ・ミゲル氏が1990年台から開始したワイナリーです。
コルドバ県のモンティーヤに位置しています。元々、白ワインや甘口のシェリーで有名な地域ですが、この地域で評価の高い赤ワインを生産しています。スペインのナチュラルワイン生産者団体のメンバーで栽培、 醸造で化学製品、殺虫剤、醸造で一般的使用される人口酵母や酸化防止剤は使用していません。
マレナス
メディアカパ 2015マレナス Mediacapa 2017
メディアカパ 2017
品種:ペドロヒメネス100%
2007年に植えた1400樹より。
コルドバ県のシエラ・デ・モンティリャの海抜450mに位置する リオ・フリオ・アルトにブドウ畑はある。
残糖23g/Lとういうことで甘みをしっかり感じつつ、それを強い酸が支えているバランス。
梅酒的なニュアンスでユニーク。
王冠はおそらく2次発酵が起きた際の予防策かと思われる。

2019/11/20 ル・ヴァン・ナチュールの試飲会にて
焼きリンゴやハーヴの香り。残糖があり甘みがありますがふくよかで密っぽさに加え、きちんと酸があるので甘いだけではない美味しさです。
新着マーク
18758
¥2,980(税別)

ラヴェロ 2017マレナス Lavelo 2017
ラヴェロ 2017
品種:テンペラニーニョ100%

2019/5/22 ル・ヴァン・ナチュールさんの試飲会にて
甘く熟した濃厚な果実。タンニンがシルキーでスパイシー、酸がまろやかで濃厚さを軽やかにしてくれています。
19497 ¥2,620(税別)
フランス/ブルゴーニュ フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物2
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]