2021年2月新着ワイン・ブルゴーニュ・ボジョレーワイン

[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る] [お問い合わせ]
2月 新着ワイン  (=自然派ワイン)
フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン・ドイツ
2018年コサール・シャソルネイ
■ ■ ■ ご注文数量は半角英数字でご記入下さい■ ■ ■
フランス/ボジョレー
Domaine Jean Foillard
ドメーヌ・ジャン・フォワヤール
  自然派
ガメイを造らせたら右に出るものがいないと言われる「マルセル・ラピエール」からナチュラルなワイン造りを学んで 1981年に独立しました。完全無農薬、清澄とフィルター処理をせず、酸化防止剤もほどんど添加しない造りをしています。
 2015年から長男のアレックスがドメーヌのメンバーに加わり、親子体制でワインづくりに励んでいます。
フルーリー 2018ドメーヌ・ジャン・フォワイヤール Fleurie 2018
フルーリー 2018
品種:ガメイ100%  
樹齢:30年平均  
土壌:グレローズ(ピンクの砂岩)混じりの花崗岩  
収穫日:9月1日。  
収量量:35hl/ha  
マセラシオン:マセラシオンカルボニック、 低温にしてセメントタンクで21日間。  
醗酵:自然酵母、セメントタンクで4週間  
熟成:古樽で8ヶ月。  
ワインを落ち着かせてすぐに飲み頃を提供できるよう1年間カーヴで瓶熟を経てからリリースされます。  
SO2は澱引きの際に20mg/L。ノンフィルター  
ヴァンクールさんのコメント    
2016年はミルデュー、2017年は雹の被害に遭いブドウがほとんどとれなく、2018年が実質ジャンの畑のブドウで仕込んだファースト・ヴィンテージとなる。  
ジャン曰く、フルーリーはジャンの持つ畑の中で一番早くブドウが熟しやすいため、 酸が落ちないよう収穫は常に一番初めに行なっているそうです。 出来上がったワインは、フルーリーらしいエレガントで官能的な果実味がある!  
アルコール度数が14%もあるのに、じわっと優しく染み入る口当たり、さすがジャン・フォワイヤールのワインと感嘆せざるを得ません。  

試飲コメント
スミレのような香りと熟した果実の味わい。凝縮された果実味があり、余韻も上品、キメ細やかなタンニンを感じます。
お気に入りのワインです。
新着マーク
17801
¥4,500(税別)

モルゴン・コート・デュ・ピィ2018ドメーヌ・ジャン・フォワヤール Morgon Cote du py 2018
モルゴン・コート・デュ・ピィ 2018
品種:ガメイ100%  
樹齢:26年~91年以上    
2018年は ブドウがしっかりと凝縮したことにより筋肉質で男性的なワインに仕上がっています。  
ヴァンクールさんのコメント
ジャン曰く、ミレジム的には2010年を彷彿させるワインが出来上がったとのこと。  本来であれば収量に恵まれた年なので、果汁溢れるチャーミングで軽い味わいに仕上がる予定が、今回のコート・デュ・ピィはコルスレット同様に、ゆっくりとブドウが凝縮していったことで、剥き出しのミネラルが全開のタイトで力強いワインに仕上がったとのこと。  
確かにジャンの言う通り、今回のピィは味わいがタイトで一口目に果実味を上回る強烈なミネラルを直に感じるとてもパワフルな味わいです。  できればあと5年以上は寝かせてから飲んでほしいポテンシャルの高いワインです。

試飲コメント
ブルーベリー、スミレのような熟した果実と華やかな香り。ふっくらした口当たりがあり、余韻もきれいです。時とともに素晴らしい味わいになる事間違えなしです。
新着マーク
16147
¥4,230(税別)

モルゴン・レ・シャルム キュヴェ・エポニム 2018ドメーヌ・ジャン・フォワイヤール AC Morgon Les Charmes Cuvee Eponym 2018
モルゴン・レ・シャルム キュヴェ・エポニム 2018
品種:ガメイ100%  
樹齢:35年平均  
シャルムはモルゴンのクリマの中で一番ワインがエレガントと言われています。  ワイン名は英語で名祖 (なおや)という意味があり、 ラベルのデザインは日本をイメージしています。  
SO2は澱引きの際に20mg/L添加。ノンフィル ター  
ヴァンクールさんのコメント
今まで3回仕込んだ中で一番ジャンの理想的とするエポニムを仕込んだとのこと。  
彼が言うには、シャルムはモルゴンの中でも一番チャーミングにワインが仕上がるクリマだそうで、その特徴や酒質が今回のミレジムに良く反映されているとのこと。  
しかも長熟が期待できるということでジャン自身も1パレット分を 個人的に確保しています。  出来上がったワインは、グリオットやザクロなどの赤い果実のチャーミングな香りのアクセントがあり、果実味も染み入るようにしなやか。  
そのしなやかな果実味に緻密なミネラルがぎっしりと詰まっていて、エレガントながらもストラクチャーのある味わいに仕上がっています。 できれば後数年寝かせてから飲んでほしいワインです。

試飲コメント
熟した果実の甘みを感じます。細かなタンニンがたっぷりとあり、余韻も素晴らしい。時が経つにつれ、素晴らしい味わいになること間違えなしです。
新着マーク
19930
¥4,230(税別)

モルゴン・コルスレット 2018ドメーヌ・ジャン・フォワヤール Morgon Cuvee Corcelette 2018
モルゴン・・コルスレット 2018
品種:ガメイ100%  
樹齢:62年~72年  
コースレットの畑は 南向きの傾斜地にあり、コート・ド・ピィとはわずか2~3kmしか離れていないが、常に異なるミクロクリマがあります。  ノンフィルター。SO2は澱引きの際に20mg/L。  
ヴァンクールさんのコメント   
2018年の大きな特徴は、収穫直前に降った雨による収量増ではなく、冬春に降った雨の貯蓄が地中にあったことによるものであって、実際夏はほとんど雨が降らず乾燥していました。  
ジャン曰く、2018年のブドウは、急に収穫直前に水分を吸い上げたのではなく、ゆっくりと時間をかけて果汁を溜めていったため、  糖分も酸もミネラルもしっかりと含んでいたとのこと。  
出来上がったワインは、果実味が柔らかく艶やかだが、はっきりとしたストラクチャーがあり、骨格を支える滋味深い鉱物的なミネラルが長熟なワインを予感させる。  できれば後数年寝かせてから飲んでほしいポテンシャルの高いワインです。

試飲コメント

フランボワーズのような小粒の熟した果実の様。スミレのようなふくよかでジューシーな味わい。ワインは芳醇で緻密、優しいタンニンが口の中に広がります。
新着マーク
18488
4,230(税別)

ボジョレー・アリザリーヌ(赤)2019ドメーヌ・ジャン・フォワヤール AC Beaujolais Alizarine 2019
ボジョレー・アリザリーヌ(赤)2019
品種:ガメイ100%  
樹齢:50年年平均   
ワイン名は「アリザリン」というセイヨウアカネの根から採取される  赤色の染料のことで、ワインの色が似ていることから命名された。  SO2瓶詰め時に20mg/L添加。ノンフィルター  
ヴァンクールさんのコメント  
2019年は、夏に二度に渡り歴史的な猛暑に見舞われた年。  
また、醸造面でも気温が高かったためボラティルが上がりやすく、 途中ボラティルの上昇を鎮静化させるために、発酵温度を10℃以下に下げたりデレスタージュを行ったりと醸造に苦労した年でした。  でも、さすがはジャン!出来上がったワインの完成度はハンパなく、味わいから醸造で苦労した痕跡は微塵も感じられません。  グラスに注いだ途端に上がるフランボワーズやバラのような甘く官能的な香り、そして、ボジョレーらしい明るくジューシーな果実味と染み入るような繊細な旨味、さらに絶妙な塩梅のミネラルがきれいに口の中で溶け込む。 ジェネリックのワインといえども、  ジャンの丁寧な仕事が垣間見られる渾身の一本だ

試飲コメント

フランボワーズ、カシス、スミレ、いちごなど薄甘く、優しい口当たりと優しい酸とのバランスが絶妙 !
デイリーに向く、いつ飲んでも幸せになる味わい。
新着マーク
17614
¥2,650(税別)
Marcel Lapierre
マルセル・ラピエール
    自然派    インポーター:野村ユニソン
フランス自然派ワインの巨匠、マルセル ラピエール。彼は、現在「自然派」と呼ばれるワインの礎を築いた人物であり、ボジョレーをはじめフランス各地で、彼の影響を受けた自然派生産者が活躍しています。
3世代にわたってモルゴンでワイン造りに携わり、この土地の個性を表現することに努めてきたラピエール家。
マチュー・ラピエール氏
偉大なる父は2010年の秋に突然この世を去りました。 その偉大なる父の後を継ぎ、ワイン造りを一手に担うようになったのは、マルセルの長男マチュー ラピエールです。そのスタイルは「自然派ワインの原点」と呼ぶにふさわしい純粋で緻密な味わいで、古くからラピエールのワインを知る人曰く、1990年代初期のマルセル ラピエールのワインのようだとか。 このマルセルからマチュー、マルセルの甥のフィリップ パカレなどに連なる自然派ワイン生産者の系譜を辿ると、ラピエールやパカレの師匠には、故ジュール ショヴェという学者がいます。ワインに本当の個性やテロワールを映し出すには、とても大事なものだからです。その為に畑では出来る限り自然な農業を行い、自然環境やその中にいる微生物を大事にしています。その自然酵母によって健全なブドウを発酵させる事で人々の心を動かすほどの素晴らしいワインが生まれるのです。
モルゴン SO2無添加 2019マルセル・ラピエール Morgon 2019
モルゴン SO2無添加 2019
品種:ガメイ100%
ガメイという品種の可能性を考えさせられる1本。更に数十年先を期待させるものとなっています。 照りの有る明るいルビー色。フレッシュな赤系ベリー香りが鼻孔を直撃し、次第に花畑にいるかの様なフローラルな香りに包まれます。2018VTの果実感にエレガンスが加わり、バランスの高さが際立っている2019VTは、やはり偉大な年であると思わせる液体です。 ガメイのポテンシャルを最大に感じさせる今年のモルゴン。ガメイ好きは必飲の1本です。

多くの自然派ワイン生産者に影響を与えたマルセル ラピエールの定番中の定番ワイン。多くの人に親しまれ、自然派ワインを扱うあらゆるビストロやショップで取り扱われています。赤い果実の華やかな芳香に満ちており、口に含むと何のひっかかりもなく喉の奥に消えていくなめらかな口当たり。熟した果実の旨みやエキス分が豊かでブドウ本来のピュアな果実味の美しさを感じることができます。

2020/11/5 野村ユニソンの試飲会にて

カシスやダークチェリーのような果実味と綺麗な酸。ふくよかさやほのかな甘み、エレガントさも兼ね備え永く続く余韻も申し分ありません。是非飲んで頂きたい美味しさです。
17515 ¥4,050(税別)

 VdF レ・ザン・ゴーロワ 2019マルセル・ラピエール Vin De France Raisins gaulois 2019
VdF レ・ザン・ゴーロワ 2019
品種:ガメイ100%
透明感のあるルビー色。フレッシュな苺をギュッと詰め込んだような香り。時間とともにイチゴジャムの様な凝縮した 香りに変化していきます。2018VTはカラメルっぽさも感じるほど果実が凝縮していましたが、2019VTは強烈な果実の 凝縮を酸が支えているスタイル。口に含んだ瞬間、瑞々しいフルーツや口の中で赤い果実を潰したようなフレッシュで ジューシーな果実味が口内で溢れ、思わず顔が緩んでしまいます。果実味の質感も直線的ではなく、丸い果実味で、 酸の下支えもあり非常にエレガント。真の意味で透明感の有る丸い液体と言えるレザンゴーロワ。 困難な年だった2020年を明るく締め括るためにも、難しく考えないで飲んで欲しい1本です。

2020/11/5 野村ユニソンの試飲会にて
軽やかでジューシーで瑞々しい。果実味も申し分ありません。
心地よく飲んでいられるオススメのワインです。
17873 ¥2,700(税別)
フランス/ブルゴーニュ
Domaine des Croix
ドメーヌ・デ・クロワ
    自然派  インポーター:ラシーヌ
 ドメーヌ・デ・クロワの造り手であるダヴィット・クロワは、 カミーユ・ジルーを再建した人物。
 2001年でドメーヌを引き継いだ、魅力溢れる造り手。2005年が初ヴィンテージ、2008年から完全にビオロジック栽培を実施。

 彼のワインは、モダンな造りで、豊かな果実と酸味のバランスがよく、スッキリしているが、 ほがらかな果実味が特徴。今回入荷している2007年ヴィンテッジも、若いヴィンテッジであるもののツンとした酸味がなく、非常にバランスよく仕上がっており、さすがという味わい。 要注目の生産者です!<インポーター著>
コルトン・グラン・クリュ・レ・グレーヴ 2018ドメーヌ・デ・クロワ Corton Les Greves 2018
コルトン・グラン・クリュ・レ・グレーヴ 2018
品種:ピノ・ノワール  
植樹:1960年  
土壌:下層にジュラ紀の石灰岩、上層はchaillesと呼ばれる石を多く含む茶褐色の粘土質土壌  醸造:開放桶で3週間マセレーション。     
木樽(古樽その内約5%新樽使用)で15ヶ月間熟成後、タンクで6ヶ月の熟成。  グレーヴ(ブドウ栽培に適した砂地の意味)の名の通り、砂質を含む土壌。レ・ペリエールと同じ斜面のすぐ真下の区画。
新着マーク
18090
¥18,000(税別)

コルトン・ラ・ヴィーニュ・オー・サン 2018ドメーヌ・デ・クロワ Corton La Vigne au Saint 2018
コルトン・ラ・ヴィーニュ・オー・サン 2018
品種:ピノ・ノワール  
植樹:1960年  
土壌:下層にジュラ紀の石灰岩、上層40〜50cmは茶褐色の粘土質土壌  醸造:開放桶で3週間マセレーション。     
木樽(古樽その内約5%新樽使用)で15ヶ月間熟成後、タンクで6ヶ月の熟成。  
コルトンの丘の西側斜面中腹の特級畑。  
レ・コンブとレ・ショームの1級畑と特級畑に四方を囲まれている。
新着マーク
19933
¥15,300(税別)

コルトン・ラヴィーニュ・オサン 2015ドメーヌ・デ・クロワ Corton La Vigne au Saint 2015
コルトン・ラ・ヴィーニュ・オー・サン 2015
品種:ピノ・ノワール
植樹:1960年
醸造:100%除梗し、開放桶で醗酵。
ピジャージュを行いつつ、18日間のマセレーション。
フリーランジュースとプレスジュースをそれぞれ15ヶ月間オーク樽(古樽、内約30&新樽)熟成後ブレンドしタンク内で数ヶ月間熟成。
18089
在庫 1本
¥18,000(税別)

アロース・コルトン・ルージュ・レ・ボティエール2018ドメーヌ・デ・クロワ Aloxe-Corton Les Boutierres 2018
アロース・コルトン・ルージュ・レ・ボティエール2018
品種:ピノ・ノワール  
植樹:1955年  
土壌:シルトと粘土を多く含む茶褐色の土壌  
醸造:開放桶で2週間マセレーション。     
木樽(古樽その内約5%新樽使用)で12ヶ月間熟成後、タンクで6ヶ月の熟成。  ショレ・レ・ボーヌや、ペルナン・ヴェルジュレスに隣接する区画。
新着マーク
18896
¥6,200(税別)

ボーヌ・ルージュ 1er CRU ブレッサンド 2018ドメーヌ・デ・クロワ Beaune Les Bressandes Premier Cru 2018
ボーヌ・レ・ブレッサンド 1er Cru 2018
品種:ピノ・ノワール  
植樹:1985年、1989年、1993年  
位置:標高300m、東向き、傾斜30度  
土壌:石灰の小石の混ざった粘土質  醸造:開放桶で3週間マセレーション。     
木樽(古樽その内約5%新樽使用)で15ヶ月間熟成後、 タンクで6ヶ月の熟成。  ブレッサンドとは、13世紀に畑の持ち主であった  ジャン・ブレッサン(Jean Bressans)から由来とされる。  Les Grevesと同じ地層を持ち、同じ斜面の下方には1級畑のレ・サン・ヴィーニュがある。  
ブルゴーニュでは高度も斜度もある畑のため、非常に筋肉質なストラクチャーのワインができあがる。  
血を流す動脈というフランス語の言い回しのように、力強さ、男らしい、強さ、張りと伸びをもつ。
新着マーク
18088
sold out
¥8,630(税別)

サヴィニィ・レ・ボーヌ1erCRUレ・プィエ 2018ドメーヌ・デ・クロワ Savigny Les Beaune Les Peuillets 1er Cru 2018
サヴィニィ・レ・ボーヌ1erCRUレ・プィエ 2018
品種:ピノ・ノワール  
植樹:1971年  
位置:標高245m、南東向き  
土壌:粘土石灰質、下層土は沖積土
醸造:開放桶で3週間マセレーション。  
木樽(古樽その内約5%新樽使用)で15ヶ月間熟成後、タンクで6ヶ月の熟成。  区画名は「若木」を意味し、もともとは林だったと考えられる。  更に前は、川の出口が形成した扇状地とも考えられ、砂を多く含んだ土壌。  その分水はけがよい。
新着マーク
19934
¥7,470(税別)

サヴィニィ・レ・ボーヌ1erCRUレ・プィエ 2015ドメーヌ・デ・クロワ Savigny Les Beaune Les Peuillets 1er Cru 2015
サヴィニィ・レ・ボーヌ1erCRUレ・プィエ 2015
品種:ピノ・ノワール
植樹:1971年
位置:標高245m、南東向き
土壌:粘土石灰質、下層土は沖積土
醸造:15~20日間のマセレーション。
フリーランジュースとプレスジュースをそれぞれ228Lのオーク樽(古樽、内約15%新樽)で15ヶ月間熟成後、ブレンドしタンク内で数ヶ月間熟成。
品種:ピノ・ノワール

2017/9/11 ラシーヌさんの試飲会
エレガントな酸、タンニンに伸びがあり、余韻が長く続きます。
18376 sold out
¥7,760(税別)

ボーヌ1erCRUレ・ソン・ヴィーニュ 2018ドメーヌ・デ・クロワ Beaune Les Cents Vignes 1er Cru 2018
ボーヌ1erCRUレ・ソン・ヴィーニュ 2018
品種:ピノ・ノワール  
植樹:1956年、1968年  
土壌:砂質粘土・石灰質  醸造:開放桶で3週間マセレーション。 木樽(古樽その内約5%新樽使用)で15ヶ月間熟成後、 タンクで6ヶ月の熟成。  
区画名は、ボーヌに1250年前から存在するSanvigneという区画名に由来。  砂利や小石が多く、とても水はけのよい畑であるという性質上、他よりもやや早期熟成するエリア。  
どのヴィンテージを飲んでも優しさ、繊細な味わいを基調とするキュヴェ。  強さを感じるようなものではなく、まろやかさと包み込むような優しさが特徴の畑。  同じ斜面の上方には1級畑のレ・ブレッサンドがある。
新着マーク
18087
sold out
¥7,740(税別)

ボーヌ・ルージュ 1er CRU 2016ドメーヌ・デ・クロワ Beaune 1er CRU 2016
ボーヌ・ルージュ 1er CRU 2016
品種:ピノ・ノワール
2016年は遅霜とそのあとのベト病で85%の収量減のため、ボーヌ・ヴィラージュはなく4つキュヴェのアソンブラージュとなります。 通常12種類以上のキュヴェを造るところ、7キュヴェしか造れなかった。
ちなみに2017年は数年ぶりに量も質も大満足。  
 
以下の畑のブドウがアソンブラージュされています。  
Les Cents Vignes、Les Greves、
Le Bas des Teurons(通常はボーヌ・ヴィラージュにアソンブラージュされている)
Les Tuvilains(新しく購入した畑。おそらく、2017年VTから1er Cruとしてリリースされる?)
18374
在庫 1本
¥12,170(税別)

ボーヌ・ルージュ2018ドメーヌ・デ・クロワ Beaune Les Cents Vignes 1er Cru 2018
ボーヌ・ルージュ2018
品種:ピノ・ノワール  
植樹:1956年、1968年  
土壌:砂質粘土・石灰質  醸造:開放桶で3週間マセレーション。 木樽(古樽その内約5%新樽使用)で15ヶ月間熟成後、 タンクで6ヶ月の熟成。  区画名は、ボーヌに1250年前から存在するSanvigneという区画名に由来。  砂利や小石が多く、とても水はけのよい畑であるという性質上、他よりもやや早期熟成するエリア。  どのヴィンテージを飲んでも優しさ、繊細な味わいを基調とするキュヴェ。  強さを感じるようなものではなくまろやかさと包み込むような優しさが特徴の畑。  
同じ斜面の上方には1級畑のレ・ブレッサンドがある。
新着マーク
17837
¥5,670(税別)
Chateau de Beru
シャトー・ド・ベル
  インポーター:ヴォルテックス
シャブリの東側、村人60名のベル村の中心に築400年のシャトー・ド・ベルはあります。  ファサードには、15世紀に描かれた世界最古の日時計と暦が(現存するのはこちらとケンブリッジの2つ)残されていますが、現在でも使用可能なのはこちらのみだそうです。
このユニークな建物は、1600年代からベルファミリーによって維持されています。
シャトー・ド・ベル母娘
   1995年までは父がワイン造りをし、ネゴシアンに販売していましたが病のため栽培が出来なくなり2005年に亡くなるまで近所の栽培者に畑をすべて貸していました。
 父亡き後の10年間貸していた畑は、ヘリコプターで撒かれた農薬でカチカチに荒れ雑草1本生えていませんでした。
 畑を前に意を決した当主娘のアテネさんは、2003年まで勤めていたパリの投資銀行を辞め、ボーヌの醸造学校を出るとサヴィニーレボーヌのシャンドン・ド・ブリアーユ(ビオディナミ栽培)で1年間働きます。
 ここで、彼女が目指すビオロジック栽培の基礎ができました。現在は、実験的に1haのみ馬で耕していますが、機械のように深く掘り下げない為、土が乾きにくくぶどうの状態も良いとの手応えを感じています。
 その後、最先端の技術を駆使してワインを造るアフリカのドメーヌへ1年勉強に行きます。  温度、酵母、亜硫酸などすべてデータや機械に頼る醸造を見たアテネは 「ビオロジックを実践しないと本当のテロワールは出ないと思う。」との結論を持ち帰ります。
 そして2004年の末にシャトー・ド・ベルを引き継ぎました。
 小さなころから自然や家庭菜園が大好きで育ったアテネは、技術もさることながら葡萄1本1本の状態を見ながら栽培しています。
 例えば、夏の選定を皆が終える頃でも伸び放題にそのままでエネルギッシュに育てているとのこと。
 理由を聞くと「樹液が上がるときに、樹液のある所に病気が出やすいので  樹液を貯めないで思いっきり延ばしてから選定に入るのよ。」とのこと。
 将来が楽しみなアテネのワイン造りは始まったばかりです。
シャブリ・テロワール・ド・ベル 2018シャトー・ド・ベル Chablis Terroirs de Beru 2018
シャブリ・テロワール・ド・ベル 2018
品種:シャルドネ
中程度の黄色。2018年は太陽の日差しを燦々と浴びた暑い年で、例年に比べより豊かな果実味とやや厚みのあるスタイルです。
りんごや白桃のコンポート、りんごやカリンの蜜、アカシアの蜂蜜など芳醇な香りに、華やかな白い花や黄柑橘のピール(砂糖菓子)などの爽やかな香りが加わります。また、僅かにパンや糸飴のような芳ばしさも感じられ深みやコクを香りからも想像させます。包み込むような柔らかい香りが鼻腔をくすぐりながら、舌先に優しい甘みを感じさせるアタックで、たっぷりと熟した果実と蜜のようなふっくらとした風味が広がります。その豊かな風味に瑞々しさや輪郭、締まりを与えるような弾むような張りのある酸が感じられます。
 スッキリとしたタッチや澄んだ飲み心地を引き出しながら、円みのある果実味や風味を口いっぱいに閉じ込め、余韻にも長く続きます。2018年ヴィンテージは一般的にイメージしがちなシャープなシャブリとは異なり果実味やボリューム感が比較的強く、それでいて小気味よい澄んだ酸やキンメリジャン土壌由来のミネラル感も感じられます。温度帯は、やや冷やして頂くとよりスッキリとした柑橘の印象、 温度が上がるにつれ膨らみのある芳醇な風味やコクが引き立ちます。合わせるお料理などで温度帯を変えて頂くのもお勧めです。
新着マーク
19931
¥4,400(税別)
Domaine Robert Sirugue
ドメーヌ・ロベール・シュルグ
1960年創業の非常に小規模のワイン生産者。40人もの人員を動員し、手作業で収穫作業を行っています。 働くスタッフも女性が多く、 ワインも女性らしい繊細さが表れています。個人客を対象にしているそうであまり市場に出てこない造り手です。
シャンボール・ミュジニー・レ・モンビエ 2018ドメーヌ・ロベール・シュルグ Chambolle-Musigny Les Mombies 2018
シャンボール・ミュジニー・レ・モンビエ 2018
D974に面し、薄い表土の下に砂地土壌が広がり、 下層部は石灰岩。30-40%の全房発酵を導入した。  
エキスが濃密で、こってりとしたうまみがある。  
クラッシュしたバラ、レッドチェリー、野いちご、しなやかだが、 しっかりしたストラクチャーに支えられている。  
ミンティでホワイトチョコレート、リニアで上品なフィニッシュ。 <インポーターさんの資料より>
17990 sold out
¥11,280(税別)

ヴォーヌ・ロマネ 2018ドメーヌ・ロベール・シュルグ Vosne Romanee 2018
ヴォーヌ・ロマネ 2018
Aux Reas、Aux Communes、La Croix Blanche、Les Chalandins、Les Batteauxの5区画をブレンド。  
レッドチェリー、キルシュ、シャクヤク、粒子が細かくクリアーなタンニン、心地よいストラクチャーに支えられ、活気のある酸が口中にしみわたる。  
甘酸っぱいサワーチェリーのタッチ、フィニッシュはクグリップがある。全房発酵30%。  <インポーターさんの資料より>
16448 ¥9,770(税別)

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2018ドメーヌ・ロベール・シュルグ Bourgogne Rouge 2018
ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2018
ヴォーヌ・ロマネ、フラジェ・エシェゾー、ヴージョのN974東側の畑をブランド。  冷涼感の中に骨格がありレッドチェリー、ストロベリー生き生きしていて飲みやすい。  
バランスがとれていて、アプローチャブル。  
<インポーターさんの資料より>
16631 ¥4,060(税別)
Domaine Robert Groffier
ロベール・グロフィエ
モレ・サン・ドニの中心部にドメーヌを構え、レ・ザムルーズ最大の所有者として知られる 偉大な生産者ロベール・グロフィエ。「恋人たち」という名のこの一級畑の5分の1にあたる 1.12ヘクタールを手にしている。遺産相続で他所に渡ってしまった畑を買い戻して 畑面積を着々と増やし続け、現在ドメーヌの南に広がるボンヌ・マールに0.97ヘクタール、 シャンベルタン・クロ・ド・ベーズに0.42ヘクタール、シャンボール・ミュジニーのレ・サンティエ、 レ・ゾー・ドワの2つの畑を所有する。ロベールと息子セルジュ、孫ニコラの3世代がワイン作りに 携わり、熟練したブドウ栽培と醸造技術でブルゴーニュのトップを行くワインを家族全員で 作り出しています。
シャンボール・ミュジニー・1er レ・センティエ 2018ロベール・グロフィエ Chambolle-Musigny 1er Cru Les Sentires 2018
シャンボール・ミュジニー・1er レ・センティエ 2018
品種:ピノ・ノワール100%
樹齢:80年
 造り手のニコラ・グロフィエによると、この年はミルランダージュに大いに苦しめられたという。 それが香りに反映されて、殆ど黒果実のような非常に濃厚で凝縮感のある香りが感じられる。味わいはバランスが良く、 非常に凝縮感があるため、ほぼ100%使用しているはずのホールバンチが果実味にすっぽりと包みこまれている。 ほんの僅かにグリセロールのニュアンスも感じられる。みずみずしく華やかな味わいが後味まで続く。
<2020/1月掲載記事より>
16107 ¥30,500(税別)

シャンボール・ミュジニー・1erレ・ゾー・ドワ 2018ロベール・グロフィエ Chambolle-Musigny 1er Cru Les Hauts Doix 2018
シャンボール・ミュジニー・1erレ・ゾー・ドワ 2018
品種:ピノ・ノワール100%
新樽率25%でホールバンチ果汁を50%含む。
くっきりとした美しい輪郭を持ち、しっかりと焦点の定まった非常にミネラリーなブーケは、ブラックベリーやラズベリー・フルーツの香りが豊かに凝縮している。味わいは原始的なエネルギーに満ち、 赤果実の風味をしなやかなタンニンが縁取り、しっかりとした骨格を備えた豊満な後味を生む。グロフィエが贈る絶品のシャンボール・ミュジニィ。
<2020/1月掲載記事より>
19698 ¥29,600(税別)

ジュヴレ・シャンベルタン・ヴィラージュ・レ・スーヴレ 2018ロベール・グロフィエ Gevrey-Chambertin Village Les Seuvrees 2018
ジュヴレ・シャンベルタン・ヴィラージュ・レ・スーヴレ 2018
品種:ピノ・ノワール100%
ホールバンチ果汁を20%含み、芳醇なクランベリーやラズベリー・フルーツ、 下草、軽やかな黒胡椒の香りを持つ輪郭のくっきりとしたブーケが香る。味わいはバランスが良く、非常にピュアなスタイルで、仄かな青果実のニュアンスが赤果実の風味と溶け合い、 軽やかなスパイスの香りを帯びた趣のある後味を生む。12~15年以上は格別な飲み頃が続く。
<2020/1月掲載記事より>
17563 ¥13,700(税別)

ブルゴーニュ・ルージュ 2018ロベール・グロフィエ Bourgogne 2018
ブルゴーニュ・ルージュ 2018
産地:モレ・サン・ドニ村
品種:ピノ・ノワール100%
2~3年物のオーク樽で熟成させたブルゴーニュ・ルージュは、桑の実や黒スグリの 豊かなアロマに仄かな野生の低木の香りを湛えた魅惑的な ブーケが香る。味わいはミディアムボディで クランベリーやラズベリーなどの香ばしい赤果実の風味が 飲み始めに感じられ、ややサラリとしたテクスチャーを持ち、 驚くほどに骨格のしっかりとした後味が広がる。 実に巧みに仕込まれたブルゴーニュ・ルージュである。
<2020/1月掲載記事より>
16108 ¥7,200(税別)

ブルゴーニュ・パストゥグラン 2018ロベール・グロフィエ Bourgogne Passetougrain 2018
ブルゴーニュ・パストゥグラン 2018
産地:モレ・サン・ドニ村
品種:ピノ・ノワール90%、ガメイ10%
 爽やかな赤いチェリーと野イチゴを思わせるブーケに青果実のニュアンスが仄かに香る。味わいはバランスが良く、しなやかなタンニンを持ち、2017年よりも若干ふくよかなボディが感じられ、 期待通りのより丸みのある後味が広がる。
<2020/1月掲載記事より>
16728 ¥4,530(税別)
Aurelien Verdet
オーレリアン・ヴェルデ
     自然派  インポーター:ディオニー
「オーレリアンの父親、アラン・ヴェルデは、1600年代からこの地に続く家系で、 1971年よりビオロジック(1990年よりビオディナミ)を実践しており《ブルゴーニュにおけるビオロジックワインの先駆者》といっても過言ではありません。 息子の『オーレリアン・ヴェルデ』(同)は、2004年より父アランからオート・コート ド ニュイの畑とセラーを継ぐと同時に、コート・ド・ニュイのブドウからワインを造りはじめました。
『オーレリアン・ヴェルデ』の名を教わったのは、ムルソー村のはずれで高貴で深い味わいのブルゴーニュ ルージュを造る、孤高の醸造家『ベルナール・ファン・ベルグ』からです。
ブドウの契約料を支払うために、昼間はニュイ・サン・ジョルジュのドメーヌで働いているので、夜8時まで待ってようやく会えました。今年26歳になるオーレリアンは、明るくはにかみ屋で、 スポーツで鍛えたたくましい体つきのさわやかな青年でした。長年モーターバイクのレースに興じその腕前はブルゴーニュの若者の間では知れわたっています。」

父アランは、ブルゴーニュにおける有機栽培の先駆者であり、ワインにオーガニックの認証をとりました 。ただし、受け継いだオート・コート・ド・ニュイの自社畑「ル・プリュール」では、認証を得ていますが。
オーレリアンは、入手した各アペラシオンのブドウに対して、SO2の使用量を可能なかぎり、ぎりぎりまで抑えています。
ブルゴーニュ・ルージュ・アン・リュトゥニエール 2018オーレリアン・ヴェルデ Bourgogne Rouge En Luteniere 2018
ブルゴーニュ・ルージュ・アン・リュトゥニエール 2018
品種:ピノノワール100%(手摘み/平均40年)

2016年は春の雹被害とべと病により収量が激減しました。
ヴォーヌ ロマネ村の国道を挟んで東側にある畑「アンリュトゥニエール」の ピノノワールをステンレスタンクで発酵、木樽でマロラクティック発酵後18ヶ月熟成しました。

2019/1/22 ディオニーさんの試飲会にて
淡い赤紫の外観、樽の香りがします。ベリーの香りと透明感のある味わい。穏やかな酸が味わいを引き締めています。
新着マーク
19708
¥3,050(税別)

オート・コート・ド・ニュイ・ル プリュレ 2018オーレリアン・ヴェルデ Hautes-Cotes-De-Nuit Le Prieure 2018
ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ブラン・ル プリュレ 2018
品種:シャルドネ100%(手摘み/平均41年)

本拠地のアルスナン村に所有の区画「ル・プリュレ」の粘土石灰土 壌で育つ樹齢 41 年のシャルドネを木樽(新樽率 20%)で発酵、マ ロラクティック発酵、熟成を12 ヶ月経て瓶詰めしました。光沢のあ るクリーム色、上品なセサミのほのかな香りを感じます。リッチな果 実味にじんわりとした旨味が拡がり、エレガントな酸とミネラル全 体を包み込みます。
新着マーク
19540
¥3,500(税別)

ブルゴーニュ・アリゴテ 2018オーレリアン・ヴェルデ Bourgogne Aligote 2018
ブルゴーニュ・アリゴテ 2018
品種:アリゴテ100% (手摘み/平均15年)

2019/1/22 ディオニーさんの試飲会にて
トロピカルな味わい。白い花やりんごや柑橘系の香り。密っぽさと繊細な酸があってふくよか味わいが華やかに感じます。
新着マーク
19541
¥2,500(税別)

ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ・ル プリュレ 2017オーレリアン・ヴェルデ Hautes-Cotes-De-Nuit Le Prieure 2017
ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ・ル プリュレ 2017
品種:ピノノワール100%(手摘み/平均40年)

2016年は春の雹被害とべと病により収量が激減しました。アルスナン村に1971年から所有する区画「ル・プリュレ」の粘土石灰土壌の ピノノワールをステンレスタンクで発酵、 木樽で18ヶ月熟成しました。

2019/10/23 ディオニーさんの試飲会にて
透き通った綺麗なルビー色。いちごやフランボワーズのような甘酸っぱい香りと細かなタンニンそして樽の香りがほのかに感じる品のよい味わいです。
19618 ¥3,800(税別)

ジュブレ・シャンベルタン1erクリュ 2017オーレリアン・ヴェルデ GEVREY-CHAMBERTIN 1er CRU 2017
ジュブレ・シャンベルタン1erクリュ 2017
16855 ¥7,500(税別)
Domaine Yves Boyer Martenot
ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ
  インポーター:ミレジム
ワイナート10号で「数多くの畑をもつ歴史あるドメーヌ。
リッチにおいしいムルソーの個性を楽しむ」と紹介されています。
ムルソーを代表する3つの1級畑を 全て所有しているという恵まれた生産者です。
第二次世界大戦後、アンドレ・ボワイエは、それまで女手一つでドメーヌの運営を担ってきた母ルーシーからドメーヌの経営権を相続し、1945年、ムルソー村に隣接するピュリニィ・モンラッシェ村で生まれ育ったジュリエット・ドゥヴェズを妻に迎えます。
 息子イヴ・ボワイエがやがて家族の事業を受け継ぎ、ムルソー村のワイン生産者の家に生まれたマリー・セシル・マルトノと結婚し、現在のドメーヌ名となりました。 現在は、イヴの息子ヴァンサン・ボワイエがドメーヌの当主を務めています。

 ラベルにビオデナミの表記はないものの、有機栽培に限りなく近い栽培方法でワインを造っています。

 醸造:ワインの醸造と熟成のプロセスは、昔ながらの伝統的手法を守っていますが、セラーの醸造設備は、最先端の技術を駆使した最新設備が設置されています。
 空圧式圧搾機で可能な限り優しく時間をかけて搾汁し、温度調節機能のついた発酵槽で発酵中の温度は常に一定の温度に保っています。
 収穫は最も良い状態の葡萄だけを全て手摘みで丁寧に選定。
 発酵・熟成は、全て新樽を1/3程含むオークの樽で行い、週に一度バトナージュ(必要であれば清澄も)を施しながら最低でも12カ月かけて行います。
 毎年6月には、各アペラシオンのワインが全てタンクに収まり、更に2ヶ月の樽熟成を経て清澄・瓶詰めされます。
ポマール 2018イヴ・ボワイエ・マルトノ Pommard Rouge 2018
ポマール 2018
品種:ピノ・ノワール100%  
畑:ル・ヴィラージュ  
土壌:鉄分の豊富な粘土・石灰質  
ポマールの1級畑の中でも最高のテロワールを誇るポマール・リュジアンの真下に位置する畑から収穫しています。  

インポーターさんのテイスティングコメント   
赤や黒のチェリー・リキュールを思わせる円熟したアロマを主体に、力強い大地の香りと清涼感のあるフローラルなニュアンスが香る。  心地よい活力に満ちた味わいで、ヴェルヴェットのように滑らかで  官能的な口当たりを持ち、口内に染み渡るように広がるドライエクストラクトが、石の香りを微かに帯びた素晴らしくリッチな後味を生む。
新着マーク
18932
¥7,560(税別)

ムルソー・ルージュ2018イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault Rouge 2018
ムルソー・ルージュ2018
品種:ピノ・ノワール100%  
土壌:チョーク、石灰岩質  
ムルソーの多くの生産者が利潤を追求しやすい高価格の白ワイン造りにのみ集中するなかでムルソーの赤ワインは、今日ますますその稀少価値を増しています。  
ピノ・ノワールが育つ区画は、ムルソーのブドウ畑の僅か3%程。

インポーターさんのテイスティングコメント   
ブルゴーニュ・ルージュよりも遥かにエレガントで軽やかな赤いチェリーのアロマを仄かなラズベリーや温かい大地のニュアンスが美しく彩っている。  
味わいは、美しく躍動感のある極めて美味なミディアムボディで、 ほんの微かながらに素朴さを感じさせるが、瞬きをするほどの僅かなニュアンスに過ぎない。
新着マーク
19909
¥6,300(税別)


オーセイ・デュレス・レ・ゼキュソー2018イヴ・ボワイエ・マルトノ
Auxey Duresses Les Ecusseaux 2018
オーセイ・デュレス・レ・ゼキュソー2018
品種:ピノ・ノワール100%  
畑:レ・ゼキュソー(村名クリュ)  
土壌:石灰質  
コート・ド・ボーヌの中心部に位置するレ・ゼキュソーの畑は、石灰質の土壌を持ち、主に赤ワイン用ブドウ品種の栽培にあてられています。  

インポーターさんのテイスティングコメント   
黒スグリや腐葉土を思わせるアロマは、AOCブルゴーニュよりもややエレガントで、しっかりとした深みがある。  味わいの第一印象は、素朴さを感じさせるミディアムボディながら後味は余韻が長く、骨格もよりしっかりとしている。
新着マーク
17647
¥5,670(税別)

ブルゴーニュ・ルージュ2018イヴ・ボワイエ・マルトノ Bourgogne Rouge 2018
ブルゴーニュ・ルージュ2018
品種:ピノ・ノワール100%  
畑:ムルソー村  
土壌:石灰岩、泥灰土  

インポーターさんのテイスティングコメント   
様々な黒いベリー系果実とプラムのジャムの香りから成る非常にアーシーで素朴な香り。  味わいは、とても美味で心地よい活力に溢れたミディアムボディ。  しっかりとした深みがあり、ほろ苦い核果実の風味を帯びた余韻の長い後味が広がる。  敢えて素朴なスタイルに仕上げているが、決して凡庸なワインではなく、  ボワイエのワインならではのパーソナリティを備えている。
新着マーク
17641
¥3,350(税別)

ピュリニー・モンラッシェ・1er・Cru・レ・カイユレ 2018イヴ・ボワイエ・マルトノ Puligny-Montrachet Premier cru-Le Cailleret 2018
ピュリニー・モンラッシェ・1er・Cru・レ・カイユレ 2018
品種:シャルドネ100%
土壌:赤褐色の石灰質土壌に細かい砂利や小石が混合  コート・ド・ボーヌ南部にあるこの一級畑は、赤褐色の石灰質土壌に砂利や小石(カイユー)が多く混じることから、「カイユレ」という名を持ちます。  
特級畑モンラッシェの一部と地続きになっており、シュヴァリエ・モンラッシェのように生き生きとした鮮やかなスタイルのワインを生みます。  

インポーターさんのテイスティングコメント 
 胸を打つ傑出したワイン。このワインもまた素晴らしい重量感、濃厚さ、緻密さを湛えたワインであり、小石の多く混じる土壌に由来する豊かなミネラルが感じられ、輪郭のくっきりとしたクリアな後味が広がる。
新着マーク
18684
¥17,850(税別)

ピュリニー・モンラッシェ・レ・ルショー 2018イヴ・ボワイエ・マルトノ Puligny-Montrachet LES REUCHAUX 2018
ピュリニー・モンラッシェ・レ・ルショー 2018
品種:シャルドネ100%
土壌:粘土を含む白色石灰岩質土壌  
レ・ルショーは、正に偉大なピュリニィの典型、正統派ピュリニィとも言える豊かなミネラルと柔らかな口当たりを特徴とするワインを生みます。  
カットされたダイヤモンドのような精巧さが細部まで感じられます。

インポーターさんのテイスティングコメント   
さまざまな柑橘系果実のニュアンスに仄かなスパイス、リンゴ、アカシアの花の香りを思わせる清涼感のある軽やかでピュアなアロマが香る。  例年に違わず、ひときわ繊細で豊かなミネラル感を持つ緻密なミディアムボディ。  極めてドライで余韻の長い後味が広がる。  
新着マーク
19911
¥9,430(税別)

ムルソー・1er・ペリエール 2018イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Perrieres 2018
ムルソー・1er・ペリエール 2018
土壌:石の多い石灰質
土壌:石灰質  レ・シャルムの畑の上方に位置し、特級畑ピュリニィ・モンラッシェに隣接するレ・ペリエール(フランス語で「採石場」)は、岩石を多く含むユニークな土壌に名前の由来を持ちます。  
豊かなミネラル香を湛えた壮麗で魅惑的な白ワインを生みます。

インポーターさんのテイスティングコメント   
飲み手の胸を打つ傑出したワイン。  青林檎や洋梨、ヨードの香りを思わせる、ひと際フローラルなアロマに、仄かなミネラル香が香る。  素晴らしい重量感と厚みのあるミッドパレットが心地よい極めて美味な味わいで、粒子の細やかなミネラルが感じられ、バランスのとれた殊のほか力強い後味が広がる。古典的なスタイルのペリエールではないが、美しく魅惑的なワインである。
新着マーク
17363
¥15,000(税別)

ムルソー・ジュヌブリエール 2018イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Genevrieres 2018
ムルソー・ジュヌブリエール 2018
品種:シャルドネ100%
土壌:石灰質  
畑:レ・シャルムとレ・ペリエールの畑に隣接 ムルソーの一級畑の中でもベル・コート(美しい岸辺)と呼ばれる一帯の中心部に位置するこの畑は、かつてここ一帯に生い茂っていたセイヨウネズ(ジュヌヴリエール)に名前の由来を持ちます。  

インポーターさんのテイスティングコメント   
アジアン・ティーや白桃のスモーキーでエキゾチックなアロマの背景に、仄かな木樽のニュアンスが香る。  心地よい豊かさと濃厚さを湛えた素晴らしく重量感のある味わいで、 ムルソー・シャルムよりも僅かに洗練されたスタイルを持ち、 余韻の長い後味がどこまでも続く。
新着マーク
19912
¥13,500(税別)

ムルソー・レ・ナルヴォー 2018イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault Les Narvaux 2018
ムルソー・レ・ナルヴォー 2018
樹齢:45~50年
ナルヴォーは、ティレよりもやや下方に位置し、眼下にはムルソーの谷が広がっています。  
ジュヌヴリエールと地続きで土壌のタイプも非常によく似ており、 粘土を微量に含む水はけの良い石灰質土壌

インポーターさんのテイスティングコメント   
ヘーゼルナッツや焦がしバター、熟れた白い木生り果実やアカシアの花のニュアンスを特徴とする非常にムルソーらしいアロマを呈している。  例年に違わず、素晴らしい重量感を持つリッチな味わいに仕上がっている。  繊細というよりは、大ぶりで恰幅の良いスタイルを持つミディアムボディで、力強い凝縮感とくっきりとしたクリアなミネラル香が感じられ、若々しい収斂性を伴うシリアスで余韻の長い後味が広がる。
新着マーク
18922
¥7,800(税別)

ブルゴーニュ・ブラン 2018イヴ・ボワイエ・マルトノ Bourgogne Blanc 2018
ブルゴーニュ・ブラン 2018
品種:シャルドネ100%  
土壌:石灰質土壌  
ムルソーの畑で育つシャルドネから造る。

インポーターさんのテイスティングコメント  
洋梨のポシェを思わせる円熟したアロマがペトロール香や麦わらの香りと共に香る。  味わいは、極めてリッチなミディアムボディで、心地よく余韻の長い後味がどこまでも続く。  
後味に感じられる引き締まった酸は、数年間の熟成に値するだけのポテンシャルを感じさせる。
新着マーク
16875
¥3,980(税別)

入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
条件の無いイヴ・ボワイエ・マルトノを同数お買い上げください。

ブルゴーニュ・アリゴテ 2018イヴ・ボワイエ・マルトノ Bourgogne Blanc 2018
ブルゴーニュ・アリゴテ 2018
品種:アリゴテ100%
畑:ムルソー  
土壌:アリゴテの栽培に適した粒の粗い肥沃な大地  

インポーターさんのテイスティングコメント  
白果実と黄色い木生り果実のアロマを兼ね備えたひと際スパイシーな香り。  ブルゴーニュのレジョナルワインにしては素晴らしく重量感のある味わいで、生き生きとした躍動感に満ちた凝縮感のあるミッドパレットが心地よく感じられ、すっきりとした爽やかな後味が広がる。
新着マーク
18849
¥2,850(税別)
過去のヴィンテージ
ムルソー・ヴィラージュ・ルージュ2017イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault Rouge 2017
ムルソー・ヴィラージュ・ルージュ2017(2回目のボトリング)
品種:ピノ・ノワール100%  
醸造:木樽で12ヶ月熟成させた後、卵型のアンフォラで12ヶ月熟成  
畑:ムルソー北部  
土壌:チョーク、石灰岩質
蝋キャップ仕様  
ムルソーの多くの生産者が利潤を追求しやすい高価格の白ワイン造りにのみ集中するなかでムルソー産の赤ワインは今日ますますその稀少価値を増しています。  
ピノ・ノワールが育つ区画は、ムルソーのブドウ畑の僅か3%程で、ヴォルネイのすぐ近くに位置し美しくバランスのとれた丸みのあるワインを生みます。
<インポーターさんのテイスティングコメント >
赤いバラの花びらの香りに、ピリリとした紫のバラのアロマが香ります。  口に含むと、チェリーやバラの花びら、黒胡椒の風味が滑らかなタンニンと共に広がります。
17642
在庫 1本
¥6,080(税別)

ピュリニー・モンラッシェ・レ・ルショー 2102ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Puligny-Montrachet LES REUCHAUX 2017
ピュリニー・モンラッシェ・レ・ルショー 2017
品種:シャルドネ100%
土壌:粘土を含む白色石灰岩質土壌
醸造:天然酵母で発酵。新樽30%のフレンチオークで熟成。無濾過・無清澄。
18685
在庫 2本
¥9,250(税別)

ピュリニー・モンラッシェ・1er・Cru・レ・カイユレ 2017イヴ・ボワイエ・マルトノ Puligny-Montrachet Premier cru-Le Cailleret 2017
ピュリニー・モンラッシェ・1er・Cru・レ・カイユレ 2017
(2回目のボトリング)
品種:シャルドネ100%
醸造:木樽で24ヶ月熟成  
土壌:赤褐色の石灰質土壌に細かい砂利や小石が混合
蝋キャップ仕様  
コート・ド・ボーヌ南部にあるこの一級畑は、赤褐色の石灰質土壌に砂利や小石(カイユー)が多く混じることから、「カイユレ」という名を持ちます。  
特級畑モンラッシェの一部と地続きになっており、シュヴァリエ・モンラッシェのように生き生きとした鮮やかなスタイルのワインを生みます。  このため、カイユレはグラン・クリュに格付けされるべきであったとする意見が地元では大きな支持を得ています。 <インポーターさんのテイスティングコメント >
白い花や白胡椒、レモンを思わせる傑出したアロマが感じられます。  果実味、スパイシーさ、ミネラル感のどれをとっても非の打ちどころのない極めて完成度の高いワインで、口に含むと、洋梨や胡椒のニュアンスが表れ、26秒間も続く長い余韻を生みます。  ピュリニィで最も名高いこの一級畑は、最も偉大な白ワインを生む特級畑のモンラッシェやシュヴァリエ・モンラッシェと地続きになっているため、グラン・クリュに格付けされて然るべきであったと多くの生産者が言います。  カイユレのワインが一級畑の中でも特別な存在と見なされている所以です。
17364
入荷数が大変少ないのでお一人様1本とさせて頂きます。
在庫 1本
¥16,600(税別)

条件の無い同額程度
(複数本でも可)の
イヴ・ボワイエ・マルトノ
を一緒にお買い上げください。

ムルソー・ジュヌブリエール 2102ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Genevrieres 2017
ムルソー・ジュヌブリエール 2017
品種:シャルドネ100%
土壌:石灰質
畑:レ・シャルムとレ・ペリエールの畑に隣接
 ムルソー・プルミエ・クリュの中でもベル・コート(美しい岸辺)と呼ばれる一帯の中心に位置するこの畑は、かつてこの辺り一帯に生い茂っていたセイヨウネズ(ジュヌヴリエール)の低木に名前の由来を持ちます。
 ネズの木に実るジュニパー・ベリーのアロマが豊かに溢れる口当たり滑らかでエレガントなワインに仕上がります。
17645
在庫 3本
¥12,880(税別)

ムルソー・シャルム 2102イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Charmes 2017
ムルソー・シャルム 2017
品種:シャルドネ100%
畑:ムルソー最大の一級畑 
土壌:粘土を含む白色石灰岩質土壌
ムルソー・プルミエ・クリュの南部、ペリエールの畑の下方に位置し、ピュリニィ・モンラッシェに隣接するこの区画は、ムルソー最大のプルミエ・クリュです。
シャルムは、「ショーム(荒地)」という言葉が訛って付いた名前で、この土地がかつて牧草地用のむき出しの荒地であったことを示しています。
乾燥した不毛な大地は、シャルドネの栽培に最適で、格別な味わいのワインを生みます。
ヴァニラやトースト、バターの風味が香る風味豊かなアロマが特徴のワインです。
17362
在庫 2本
¥12,080(税別)

ムルソー・レ・ナルヴォー 2102ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault Les Narvaux 2017
ムルソー・レ・ナルヴォー 2017
樹齢:45~50年
土壌:粘土を微量に含む軽やかな石灰質
レ・ティレよりやや下方に位置するレ・ナルヴォーの畑は眼下にムルソーの谷が広がっています。
ナルヴォーの「ヴォー」は、フランスの古い方言で「谷」を意味します。
 粘土をごく微量に含む水はけの良い石灰質土壌は、凝縮感のある濃厚で美しく洗練された味わいのワインを生みます。
17073
在庫 2本
¥7,770(税別)

イヴ・ボワイエ・マルトノ・ムルソー・ロルモー2102 Meursault En l'Ormeau 2017
ムルソー・アン・ロルモー 2017
品種:シャルドネ100%
樹齢:90年(植樹:1924年)
土壌:肥沃な粘土質
ムルソー南部のアン・ロルモーの畑は、ドメーヌのすぐ裏にあり、
 マニィの畑に隣接しています。
 この畑で育つシャルドネは、ヴァンサンの曽祖父ルシエが1924年に植樹した樹齢90年を超える古樹で、かつて建築用材木としてニレの木(オルム)が植林されていた粘土質の土壌に深く根を張り、バランスの良い爽やかな味わいのワインを生みます。
18247
在庫 1本
¥7,770(税別)

ムルソー・フェルナンド 2014イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-fernand 2015
ムルソー・フェルナンド 2015
品種:シャルドネ100%
樹齢:20~50年
畑:レ・ペラン(1級畑シャルムに隣接)、ル・プレ・ド・マンシュ(一級畑レ・クラに隣接)、レ・ペル&オー・ムーラン・ランダン(ムルソー中心部)
土壌:粘土石灰質
醸造:天然酵母で発酵。
  新樽30%のフレンチオークで熟成。無濾過・無清澄。
 ヴァンサンの祖父フェルナン・ボワイエの名を冠したこのキュヴェは、AOCムルソー内の4つの命名畑(リューディ)で育つシャルドネをブレンドしています。

<インポーターさんのテイスティングコメント>
 黄色い果実と柑橘系果実のアロマに、仄かなトースト香と白胡椒の風味が香ります。
 凝縮感のある伸びのある味わいが口内に広がり、イエロープラムを思わせる果実味に、仄かなミネラルが感じられ、ピリッとした後味が余韻に広がります。
17646
在庫 2本
¥6,620(税別)

ムルソー・フェルナンド 2014イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-fernand 2016
ムルソー・フェルナンド 2016
品種:シャルドネ100%
樹齢:20~50年
畑:レ・ペラン(1級畑シャルムに隣接)、ル・プレ・ド・マンシュ(一級畑レ・クラに隣接)、レ・ペル&オー・ムーラン・ランダン(ムルソー中心部)
土壌:粘土石灰質
醸造:天然酵母で発酵。
  新樽30%のフレンチオークで熟成。無濾過・無清澄。
 ヴァンサンの祖父フェルナン・ボワイエの名を冠したこのキュヴェは、AOCムルソー内の4つの命名畑(リューディ)で育つシャルドネをブレンドしています。
18920
在庫 2本
¥7,320(税別)

ムルソー・1er・ペリエール 2102ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Perrieres 2015
ムルソー・1er・ペリエール 2015
Meursault-fernand 2015
ムルソー・フェルナンド 2015
透き通るような黄金色。とろりとした粘度とクリーンでさわやかな酸。時間をかけていくと複雑な要素が次から次へと出てきそうです。
16872
在庫 1組
¥19,680(税別)

ムルソー・1er・ペリエール 2102ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Perrieres 2015
ムルソー・1er・ペリエール 2015
透き通るような黄金色。とろりとした粘度とクリーンでさわやかな酸。時間をかけていくと複雑な要素が次から次へと出てきそうです。
16872
在庫 1本
¥13,060(税別)

ムルソー・1er・ペリエール 2102ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Perrieres 2016
ムルソー・1er・ペリエール 2016
土壌:石の多い石灰質
畑:ピュリニィ・モンラッシェの畑に隣接。
レ・ペリエール(フランス語で「採石場」)は、岩石を多く含むユニークな土壌に名前の由来を持ちます。
この名高いクリマは、繊細なフィネスと、焼き栗の香りが後味に広がる感動的なアロマを湛えた実に壮麗で魅惑的なワインを生みます。
17071
在庫 2本
¥14,380(税別)

ムルソー・ジュヌブリエール 2102ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Genevrieres 2016
ムルソー・ジュヌブリエール 2016
品種:シャルドネ100%
土壌:石灰質
畑:レ・シャルムとレ・ペリエールの畑に隣接
 ムルソー・プルミエ・クリュの中でもベル・コート(美しい岸辺)と呼ばれる一帯の中心に位置するこの畑は、かつてこの辺り一帯に生い茂っていたセイヨウネズ(ジュヌヴリエール)の低木に名前の由来を持ちます。
 ネズの木に実るジュニパー・ベリーのアロマが豊かに溢れる口当たり滑らかでエレガントなワインに仕上がります。
16873
在庫 1本
¥12,870(税別)

ムルソー・シャルム 2102イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault-Charmes 2016
ムルソー・シャルム 2016
品種:シャルドネ100%
畑:ムルソー最大の一級畑 
土壌:粘土を含む白色石灰岩質土壌
ムルソー・プルミエ・クリュの南部、ペリエールの畑の下方に位置し、ピュリニィ・モンラッシェに隣接するこの区画は、ムルソー最大のプルミエ・クリュです。
シャルムは、「ショーム(荒地)」という言葉が訛って付いた名前で、この土地がかつて牧草地用のむき出しの荒地であったことを示しています。
乾燥した不毛な大地は、シャルドネの栽培に最適で、格別な味わいのワインを生みます。
ヴァニラやトースト、バターの風味が香る風味豊かなアロマが特徴のワインです。
17074
在庫 2本
¥11,720(税別)

ムルソー・レ・ティレ 2102ドメーヌ・イヴ・ボワイエ・マルトノ Meursault les Tillets 2016
ムルソー・レ・ティレ 2016
土壌:粘土・石灰岩質
 畑:レ・ナルヴォーに隣接
 新樽率:25%
 レ・ティレは、隣接するナルヴォーと同じ微量の粘土を含む
 水はけの良い石灰質土壌を持ちますが、南向きで豊富な日照量に恵まれ、
 ムルソーの典型とも言える繊細なニュアンスと力強いアロマを兼ね備えたワインを生みます。
18068
在庫 2本
¥7,760(税別)
フランスその他 シャンパン・泡物
NO.1
シャンパン・泡物
NO.2
ロワール・ローヌ イタリア スペイン・ドイツ
[ hasigoya on line TOP ] [ ワイントップ ] [ ご注文方法 ] [カゴの中身を見る][お問い合わせ]